猫のお手入にはどんな道具があるの?分野別売れ筋グッズ6つのご紹介☆

皆さんのお宅ではペットを飼っていますか。今回はペットの中でも触れあう機会の多い猫についてのお手入れ道具を紹介していきます。

★1.ブラシ

猫は毛の生え変わる時期のグルーミング時に大量の毛を飲み込んでしまう場合があります。状況によっては毛球症と呼ばれる手術が必要となる病気になってしまう事も有り、飼い主としては抜け毛の処理には十分に気をつける必要があります。
・グルーミー 抜け毛スッキリ アンダーコートケアブラシ
こちらの商品はステンレス製で錆びにくいので毎日使うものとして快適、また握りやすいグリップなので力を加える向きや量も思いのまま。さらに刃と刃の間にトップコートを逃がす事で抜け毛だけを絡めとる事が出来るので猫のからだにも優しい商品です。

★2.シャンプー・リンス

猫のシャンプーはノミを取り除いたり、排泄器官のまわりをキレイにしてあげる事ができるものですが人間と異なる生き物である為十分に注意が必要です。猫は人間と違い皮膚が弱いため、低刺激なものを選ぶ必要があります。
・ミラクルコートキャット猫用シャンプー
皮膚が弱い猫にも使えるように作られた商品なので成猫はもちろん、刺激に敏感な仔猫にも使える低刺激タイプ。成分としてミンクオイルやアボガドオイル等が配合されているので、被毛に栄養を与えられ光沢のある毛に仕上がります。シャンプー後はそれまでと比べふわふわした毛になるので飼い主の方もより一層猫と触れ合いたいと思えるのでは。

★3.歯ブラシ・デンタルケア

猫自体は虫歯になる動物ではありませんが歯周病にはなる可能性があります。野生の猫は動物の皮やスジ肉を噛んで予防しますが、飼い猫の場合は飼い主の方から気をつけてあげましょう。

・猫口ケア ティースクリーナー 猫用ステイン除去具

歯周病を防ぐ為には口腔内の試行除去が効果的な中、ステインを除去する事を目的とした商品です。
ペット用のデンタルケア商品でも金属で部品が出来ているものも多いですが、こちらはホルダー部分はABS樹脂、そしてクリーナー部分がシリコンゴムで出来ているので、金属製のアイテムに抵抗のある方にもお薦めできます。
クリーナー部分のシリコンゴムは傾斜が設けられ研磨剤も含まれているため、角度の調整もしやすく効果的にお手入れが可能です。

★4.爪切り・爪とぎ

猫は人間と違い爪が複数の層になって形成されています。その古くなった層を剥がす効果が爪とぎにはあります。爪切り自体はご自宅の家具を傷つけてしまう場合などは必要ですが、猫そのものの生態としては爪を切る習慣がないためまずは爪とぎを存分にできる環境を整えてあげましょう。

・アイキャット つめとぎ ロング お猫様大行進

床置きタイプの爪とぎ用のアイテムです。まず商品名のロングと記載のある通り全長が約69cmどのような大きさの猫にも対応できます。本体は部分的に膨らみが設けられているため猫の好みの姿勢で平らな部分、もしくは傾斜がある部分での爪とぎが可能です。また素材は段ボール素材で作られているので屑が出にくい設計なのでお掃除の手間も軽減されます。

★5.スキンケア

普段からブラッシングやシャンプーをしてあげて十分に手をかけてもどうしても動物そのものが持つ臭いというものが出てしまいます。それは動物の臭いのもととなる原因が、付着した何か、などではなく動物そのものに起因する事が原因です。その為、室内で飼う事が多い猫は頻繁にスキンケアをしてあげましょう。

・ピュアラ/ボディフレッシュナー

こちらは植物性ビタミンを含む液状スプレーで猫の皮膚や毛の健康に役だてる事ができます。同時に消臭にも非常に効果が有り、成分に植物性由来の消臭成分をいくつも使っているため化学合成物質無しで十分な効果を発揮します。スプレー液の中で魚の飼育が可能なレベルまで無害のため、万が一、猫や飼い主が吸引してしまっても安心です。

★6.肉球ケア

飼い猫は熱をもったアスファルトの道路やワックスでピカピカのフローリングなど猫が苦手とする部分を歩く機会も多くなります。そういった飼い猫ならではの環境で大事な足や肉球にも気を遣ってあげるようにしましょう。
・ハーブケア 天然ミツロウクリーム(サンダルウッド)
ミツロウとは蜜蝋と書くミツバチの巣を精製したものです。ビタミン類やミネラル類が豊富なため人間の食用としても用います。ミツロウ自体は通常のものは60℃程度で無いと溶けてくれませんがこの商品は融点の低いミツロウを用いる事で人肌程度に塗布する事ができるようになっています。お出かけの前などに肉球部分に塗ってあげる事で保湿や保護に一役買ってくれます。

★まとめ

やはり人間と猫が事なる為、猫の目線にたって快適と言える商品が人気と言えます。猫は態度で感じとってあげることが出来るケースはありますが言葉を発するわけではないのでこの機会にぜひ猫が嫌がらない手入れ道具に興味を持ってみてはいがでしょう。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。