猫の飼い方|具体的な準備の手順と知っておきたい4つの心構え

大切な家族の一員として猫を迎えたいと考えている方は、必要な手順や心構えを知っておくと安心です。ここでは、猫を飼いたい方やこれから一緒に生活しようとしている方におすすめの情報をご紹介します。
 

★具体的な手順


・猫を飼える家なのか確認

好きなだけでは猫を飼うことはできません。まずは、今住んでいる家がペット対応可能であるかを確認しておきましょう。賃貸住宅に住んでいる場合は、ペット不可の物件もあるため契約条件を確認する必要があります。
 

・OKであれば、家族や同居人の許可を得る

猫が飼えることを確認したら、次は一緒に住んでいる家族や同居人に許可を取りましょう。自分だけ飼いたくても、家族の中にアレルギー体質の人や猫が苦手な人がいるかもしれません。猫を歓迎できる状況であるかをチェックすることも大切です。
 

・何月頃にどんな猫を迎えたいか考える

猫を迎え入れる環境を整えるためにも、いつ頃を目安にするか考えておく必要があります。また、猫にもさまざまな種類や性格があるため、どんな猫を飼いたいか具体的にイメージしておくとスムーズです。
 

・猫の入手先を決める

種類や血統書付きにこだわる場合は、ペットショップやブリーダーを通じて猫を入手することができます。里親募集の利用や知人から譲り受ける際は、育った環境などを確認しておくと猫のストレスを軽減したケアができるため安心です。
 

・猫を迎える準備グッズを揃える

猫を迎え入れた日から不自由なく快適に過ごせるように、グッズを揃えておきましょう。猫はデリケートで初めての場所では警戒してしまうため、リラックスできるように配慮してあげることが大切です。トイレ用品やキャットフードはもちろん、おもちゃやクッションなどもストレス解消に役立ちます。
 

★知っておきたい4つの心構え

・生涯飼い続ける

当然のことながら、猫を飼うということは生涯をしっかりとサポートすることを意味します。飼い猫は、お世話を続けなければ生きていくことが困難です。一時的な好奇心や興味で飼うのではなく、最期の瞬間まで見守ってあげる覚悟を持ちましょう。
 

・清潔を心掛ける

猫に限らず動物を飼う場合は清潔な環境を整えてあげる必要があります。病気になってしまったりストレスを抱えてしまったり健康にも大きく影響するため、トイレの掃除や定期的なトリミングも大切です。
 

・適度に運動させる工夫をする

室内で猫を飼う場合、どうしても運動不足になりがちです。おもちゃを使って運動させたりキャットタワーなどで運動できる環境を整えてあげたりすると運動不足を防ぐことができます。1日数分でも遊んであげる習慣をつけると、猫の運動量を増やすことが可能です。
 

・愛情をもって猫に適した食事をきちんとあげる

人間の身体と同じように、猫も年齢や健康状態によって必要な食事量や栄養バランスが異なります。愛情をもって接しながら体調や年齢に適する食事を考えてあげましょう。また、水分も身体に重要なため、いつでも飲めるように清潔な水を準備しておくことがポイントです。
 

★猫のおやつには安心無添加の枕崎シリーズがおすすめ!

猫のおやつは、留守番や外出時のお供として役立ちます。ご褒美としてはもちろん噛むという本能を満たすためにもとても便利です。人口着色料や保存料などを使用していない無添加商品であれば、健康面でも安心して与えることができます。
 

★猫の病気や健康の知識をもち実行する

大切な家族だからこそ、猫の体調の変化には気を配りましょう。腎臓の機能低下や感染症など猫の病気に関する知識を持つことも大切です。かかりつけの動物病院があると、体調不良はもちろん予防接種などでも安心して利用することができます。
 

★小さなお子さんがいる場合は注意

小さなお子さんがいる家庭で猫を飼う場合は、猫が爪で傷つけてしまわないように注意しましょう。また、お子さんが猫のトイレをいたずらする可能性もあるため、設置場所を考える必要があります。
 
猫の飼い方や知っておきたい心構えについてご紹介しました。これから猫を飼うことを検討している方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。