猫が気持ちいい場所ランキング!どの場所が一番気持ちいいの?

猫を撫でている時、猫は気持ちよさそうにしていますか?猫は撫でられると、気持ち良い場所とそうでない場所があります。場所によっては、怒ることもあるので気を付ける必要があります。気持ち良い場所を把握することで、猫との距離を縮めることも可能になるでしょう。ただ、気持ち良い場所でも、触り方で変わってきます。その注意点も含め、ランキングで詳しくご紹介いたします。

★1位.首回り

猫にとって、首周りは気持ち良い場所です。撫でられると、目を細め気持ちよさそうな表情を浮かべる猫もいます。個体差もありますが、ほとんどの猫が喜んで撫でさせてくれる場所でもあります。自身の後ろ脚で掻ける場所でもあるので、少し強く撫でても大丈夫です。自ら撫でてと寄ってきたときは、最初に首周りを撫でてあげるといいでしょう。

★2位.喉

猫は、嬉しい時や安心している時にゴロゴロと喉を鳴らしますよね。その喉周辺も、猫にとっては気持ち良い場所です。顎から喉に向かって擦ってあげると喜びます。コチョコチョと掻いてあげるのもいいでしょう。猫は喉周辺が痒くなるそうなので、掻いてあげると喜んでくれます。

★3位.しっぽの付け根

しっぽの付け根も気持ち良い場所です。しっぽの付け根は、神経が集中しているため非常に敏感だと言われています。性感帯でもあるため、気持ちいい場所です。猫自身では、撫でられない場所なので喜んでくれます。しっぽの付け根を撫でてあげると、しっぽをピンっとあげ、喜ぶ猫もいます。撫で方としては、優しくしっぽの付け根をトントンとたたいたり、掻いてあげると気持ち良いようです。その際、しっぽを触らないように気を付けましょう。しっぽの先を触ると嫌がる猫も多いため注意が必要です。

★4位.背中

背中も撫でられると気持ち良い場所です。一番範囲が広いため、人間にとっては撫でやすい場所でもあります。毛並みに沿って、首からおしりにかけ、優しく撫でてあげましょう。指を広げ、手をくしのように使い撫でてあげるのも喜んでくれます。ブラシを使いブラッシングしてあげる時も、背中を中心にしてあげてください。

★お腹の裏は触っちゃダメ!

猫を撫でる時に、触ってはいけない場所があります。特にお腹の裏は注意してください。猫にとってお腹は、急所のため弱点なのです。ただし、飼い猫の場合、慣れていると触らせてくれる猫もいます。子猫の時から、優しく撫でてあげると嫌がる場所も減ります。それでも、嫌がる猫には、触らないでいてあげましょう。嫌がっているのに、無理やり触ると怒ってしまいます。嚙みついてきたり、猫パンチを繰り出す場合もあります。気持ちよくしてあげたいのに、反対にストレスを与えてしまっては元も子もないので止めておきましょう。

猫は撫でてあげると喜ぶ場所と、そうでない場所が分かれています。しっかり、その場所を把握することで、喜ばすことができるでしょう。ただ、猫は気分屋なため、喜んで撫でさせてくれていたのに、急にそっぽを向き嫌がることも多々あります。そのため、飼い猫の場合は、日ごろからスキンシップを取り、猫の気持ちを汲み取る必要があります。

自ら「撫でてー」と寄ってきたら撫で、嫌がったらすぐに止める。これを繰り返すことで、猫も慣れてくるでしょう。慣れてきたら、触っても良い場所が増えてきます。ゆっくり、猫に合わせ慣れさせていきましょう。猫を撫でて良いタイミングというものもあります。それは、猫自ら体を擦り寄せて来たり、膝の上に乗ってくるときです。

他にも、甘えた鳴き声を出しているとき、お腹を見せてくるとき、じっと見つめてくるときなどがあります。そのタイミングを見計らって撫でてあげましょう。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。