【留守番の躾け・チワワ編】躾け方のポイントと手順を紹介!

【留守番の躾け・チワワ編】躾け方のポイントと手順を紹介!

生活上、どうしても愛犬を家に置いて外出をしなければいけない時があります。そんな時、どんな留守番の躾けをすれば良いのかを紹介します。 

(1)チワワのお留守番

・チワワの特徴

世界で一番小さな犬種で、小さな体に大きくつぶらな瞳が魅力的で見た目の印象とは違い体形自体はがっしりとしており、俊敏に動くのがチワワの特徴です。飼い主には忠実でよく甘えますが、活発な性格で警戒心が強く自分より大きなわんちゃんに対しても堂々と自分をアピールすることもある勇敢な面も併せ持っています。
ですが、大きな音などにはびっくりしてしまう臆病なところもあり、用心深い性質も持っています。
室内を走り回るだけで十分な運動量を得られますが、外での適度な散歩も必要で室内で飼うことを推奨される犬です。

・留守番には向いているか

チワワは留守番に向いているか不安に思っている方もいると思いますが、群れの中で生活をする本能を持っている犬の中でもチワワは自立心が強いので、留守番は得意な方です。
ただ、人の子でもいきなり一人にされると不安になるのと同じで、チワワも急に留守番をさせられるとストレスになり、留守番をするのが難しくなります。ですので、留守番の練習やしつけをしっかりと行うことが大切です。

(2)この通りやってみて!チワワの留守番の躾け手順

チワワの留守番の躾け手順は、まずケージの中は快適な空間だと思わせることから始まります。普段からケージの中に入るようにして、中には愛犬の好きなおもちゃやクッションなどを入れてあげます。
そして、飼い主がワンちゃんの視界から消えることを日常的に行います。これが留守番の練習になります。それからある程度飼い主が自分の側にいないことに慣れてきたら、次はその視界から消える時間をだんだん長くしてみましょう。短時間の外出から始めて、少しずつ時間を伸ばしていくと長時間の留守番もできるようになります。また、留守番ができたら褒めてあげてください。

(3)あなたが注意すること

最後に飼い主に対しての注意点が何点かあります。
まずは留守番をする際、「行ってきます。」などの声掛けを行わないことです。これはワンちゃんに留守番の合図を行うことになり、ワンちゃんを不安にさせストレスを与えることになってしまいます。飼い主が必ず帰ってくると理解すれば、ワンちゃんも安心するものです。
次に愛犬との距離を普段から程よく取ることです。可愛くていつも一緒にいたいとは思いますが、愛犬のためには飼い主の我慢も必要なのです。

 

本来、チワワは賢いワンちゃんと言われています。愛犬のためにもストレス無く、留守番ができるようにしてあげてください。

petpetlife編集部

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から
しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。