愛犬に愛情タップリ手作りおやつを作ろう!レシピ集

市販の犬用おやつは便利ですが、添加物が含まれているものやや高カロリーなものはできるだけ与えたくないと感じている方も少なくないでしょう。ここでは、無添加・低カロリーで体に優しい手作り犬用おやつの作り方について、くわしくお伝えします。

■ダイエットにも♡ささみを使ったおやつ

ささみを使った犬用のおやつは多いですが、市販のものの中には添加物が含まれているものもあります。また、カロリーも高めのものが多いので、あまり食べさせすぎると肥満の原因になってしまう可能性があります。ここでは、鶏のささみさえあれば簡単に自分で作れるおやつをご紹介します。

●ささみチップ

① まず、鍋にたっぷりのお湯を沸かします。お湯が沸騰したら、ささみを入れて火を通します。

② ゆでたささみを鍋から引き揚げ、粗熱をとって2~3cmほどの大きさにちぎります。ささみを
冷やしている間にオーブンを170度に予熱しておきましょう。

③ 余熱が終わったら、オーブンで15~20分ほど焼いていきます。たまに菜箸などでかき混ぜ、
均等に火が通るようにしましょう。きつね色になったら出来上がりですので、
できたものからお皿などに移し、冷まします。

ささみチップなどの日持ちのするものをまとめて作って保存しておくことで、毎日体に優しいおやつを与えることができます。
できたものは、冷蔵庫や冷凍庫で保存しましょう。日持ちするものではありますが、できるだけ早く食べさせたほうが無難です。

■お出かけにも♡犬用クッキー

通常、犬と人間が食べるものは別々ですが、同じものを一緒に楽しめたらいいのに、と思っている飼い主さんももいらっしゃるでしょう。そうした方には、犬と人が一緒におやつとして楽しめるクッキーがおすすめです。

●サツマイモクッキー

作り方は、裏ごししたサツマイモ:小麦粉=5:1の割合で混ぜ、伸ばした生地を型抜きしてオーブンで15分ほど焼くだけです。砂糖などの甘味料などを使っていないので健康にもやさしいのがうれしいポイントです。

■アレルギー対策♡無添加のおやつ

市販の犬のおやつには添加物の他にもたくさんの食材が含まれていることが多いため、アレルギーがある犬にとってのおやつ選びはなかなか大変。そんなときは、犬のアレルギーの原因になる食材を除外しておやつを手作りしてみてはいかがでしょうか。

●さつまいもボーロ

犬のアレルギーの原因となりやすい牛乳や卵を含まないボーロは、アレルギーが心配な犬にもおすすめのおやつです。
さつまいも100gに片栗粉大さじ2、水大さじ1を加え、よくこねます。小さくボーロ状に丸めた生地を、170度に予熱したオーブンで上下を返しながら20分ほど焼けば完成です。

■野菜を手軽に♡ベジタブルおやつ

犬のおやつといえば肉類やクッキーなどが多いイメージですが、健康のことを考えると低カロリーな野菜のおやつも与えたいところです。野菜を使った簡単なおやつをご紹介します。

●かぼちゃチップス

かぼちゃチップスの作り方は、厚めにむいたかぼちゃの皮をオーブンで20分ほど焼くだけです。料理やお菓子作りで出た余りの皮を有効活用できるので、節約にもつながります。塩などで味を調えれば、人間のおやつにもなります。

■犬が喜ぶ♡ジャーキー系おやつ

犬のおやつといえば、やっぱりジャーキー。さまざまな種類のものが市販されていますが、添加物などが心配な上、物によってはそれなりに高価ですので頻繁に与えることはなかなか難しいのではないでしょうか。ジャーキーを手作りして、健康と経済面の問題を同時に解決しましょう。

●まぐろジャーキー

おやつには、栄養豊富なまぐろを使ったジャーキーがおすすめです。まぐろを細長く切り、200度に予熱したオーブンで上下を返しながら30分ほど焼きましょう。半額になった刺身用のまぐろなどを利用すれば、比較的安価にジャーキーが作れます。

まとめ

手作りおやつと聞くと、手間がかかり面倒なイメージがありますが、オーブンなどで焼くだけで簡単にできるおやつもたくさんあります。たまには愛情たっぷりの手作りおやつで愛犬とのコミュニケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。