相模原市にあるマイクロチップ装着可能な動物病院3選

相模原市にあるマイクロチップ装着可能な動物病院3選

ペットにマイクロチップの装着をお考えではないですか?相模原は場所によっては自然も多く、災害などの救急時に備えて、マイクロチップの装着をしておくと安心できるでしょう。ここでは相模原でマイクロチップの装着ができる動物病院を紹介していきたいと思います。動物病院の特徴や診療方針についても触れていきます。相模原市周辺にお住まいの方は、是非ご覧になってくだされば幸いです。

1.さがみ総合どうぶつ医療センター(JR横浜線町田駅からバス約7分)

画像説明

出典:EPARKペットライフ

診療時間
09:00~12:00
17:00~20:00

住所:神奈川県 相模原市南区 相模大野2-8-1
対象動物:犬/猫/うさぎ/ハムスター/フェレット/モルモット

高い医療技術と広いスペース

画像説明

出典:EPARKペットライフ

さがみ総合どうぶつ医療センターは、相模原市の中でも最大規模を誇る動物病院です。
地元で2院を構えていますので、一般診療・予防接種・健康診断などの一次診療だけでなく、整形外科などの二次診療も行っていて、診療内容は非常に幅広いです。
また、医療技術も高くて半導体レーザーをいち早く導入されています。
高度な治療を受けることができます。
さらに、大型犬が来院してもくつろぐことができるように、スペースの広い待合室を用意しています。

幅広い診療領域とマイクロチップの利点

画像説明

出典:EPARKペットライフ

さがみ総合どうぶつ医療センターでは幅広い診療領域をカバーしていますので、さまざまな診療科があります。
それを可能にするために治療設備も充実しています。
マイクロチップの装着にも対応しています。
愛犬が飼い主さんの元から逃げたときに早期に発見できるように装着を要望する方が増えています。
そうした声もあってオガタ動物病院では二次診療の1つとして施術可能になっています。
このマイクロチップは電子カルテとリンクしていますので、病院間での情報交換も容易です。

2.水上犬猫鳥の病院(小田急線東林間駅から徒歩約7分)

画像説明

出典:EPARKペットライフ

診療時間
09:00~12:00 ×
16:00~19:00 ×

住所:神奈川県 相模原市南区 上鶴間5-1-21
対象動物:犬/猫/うさぎ/ハムスター/フェレット/モルモット/リス/鳥類

鳥類の診察にも対応

画像説明

出典:EPARKペットライフ

水上犬猫鳥の病院は、日本の動物病院の中でも珍しく、愛犬、愛猫だけでなく鳥類の診察にも力を入れている動物病院です。
うさぎやハムスターなど、その他の小動物も診てくれますが、これらの動物の中でも鳥類の診察が半分以上を占めます。
鳥類は室内で飼育していますが、窓から逃亡することがよくあります。
災害が起きたときにはなおさらそのようなケースが起こります。
そのため、マイクロチップの装着にも注力しています。
このことは鳥類も診療対象にしている動物病院ならではのメリットと言えるでしょう。

院長先生の診療方針

画像説明

出典:EPARKペットライフ

水上犬猫鳥の病院では、飼い主さんと獣医師との信頼関係が良い獣医療につながるという院長先生の診療方針が明確に反映されています。
初めて来院される飼い主さんであってもリラックスした雰囲気の中で診察を受けることができます。
また、高度な医療を求める飼い主さんのために専門病院などの二次診療施設の紹介も行っています。
あくまでも飼い主さん本位での診療に力を入れています。
ペットを飼育している方は是非来院してみることをおすすめします。

3.ちだペットクリニック(横浜線古淵駅から徒歩約22分)

画像説明

出典:EPARKペットライフ

診療時間
09:00~12:00 × ×
16:00~19:00 × ×

住所:神奈川県 相模原市南区 西大沼3-3-18
対象動物:犬/猫/うさぎ/ハムスター/フェレット/モルモット/リス/鳥類

予防医療への注力。うさぎやハムスターなどの小動物も診療

画像説明

出典:EPARKペットライフ

ちだペットクリニックは通常の治療だけでなく予防医療と予防衛生にも注力をしています。
これは院長先生が、ペットは家族の一員だからこそペットの健康寿命をできるだけ長く維持させたい、という考えを持っているからです。
ホームドクターとしてサービスを利用するのもおすすめです。
また、愛犬や愛猫以外にものペットの診察も行っています。
たとえば、近年高い人気を博しているウサギやハムスターなどの小動物です。
ちなみに、鳥類に関してはセキセイインコのみ診察が可能です。

課題を解決することを心がけています

画像説明

出典:EPARKペットライフ

ちだペットクリニックは常に飼い主さんが抱えている課題に向かって解決することを心がけています。
マイクロチップの装着の導入もその例です。
災害によってペットと離れ離れになった場合を想定して、飼い主さんの要望があれば装着することが可能です。
震災などの災害が予測されたときにすぐにできるのは大きなメリットです。
また、インフォームド・コンセントも重要視しています。
ペットは家族の一員であり、飼い主さんの幸せにつながる存在です。
飼い主さんとペットに寄り添う医療を実践しています。

まとめ

相模原市には多くの動物病院がありますが、その中でもマイクロチップを装着できる動物病院として4つの病院を紹介させていただきました。災害対策のために装着を考えている飼い主さんの少しでも参考になれば幸いです。口コミは閲覧だけでなく投稿もできるので、マイクロチップを装着したことや、動物病院の様子をぜひ乾燥に書いてくださいね。
petpetlife編集部

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から
しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。