【獣医師監修】「おいで」の重要性としつける際の注意点とは

【獣医師監修】「おいで」の重要性としつける際の注意点とは

愛犬のしつけは飼い主と共に暮らす上で欠かすことのできない大切なものですが、その中でもおいでは特に重要なしつけの一つです。今回はその必要性と正しいやり方についてご紹介します。

(1)コマンド「おいで」の必要性とは?

・飼い犬を危険な状態から守るための合図

お散歩の時に、飼い犬が何かに気を取られて突然走り出してしまうという経験をされた方は多いのではないでしょうか。それが車の往来の多い道路であれば思わぬ事故に繋がる恐れもあります。それ以外にも通りすがる人や自転車に向かっていこうとしたり、他の犬と喧嘩になったりと心配は絶えません。このような時、「まて」や「おいで」のしつけが入っていると安心です。特に「おいで」はリードが外れてしまった時や玄関から飛び出したなどの逃走の危機の時に自分の元に呼び戻すことができます。

(2)まずは、関係作りから始めよう

・一緒にいることの楽しさを覚えさせる

おいでのしつけに大切なことは、わんちゃん自身が飼い主の近くにいることが幸せで近くにいたいと認識させることです。わんちゃんにとっていつでも優しく接してくれたり遊んでくれる人は、一緒にいて心地良くて常に近くにいたいと思える存在になります。愛犬にそう思ってもらえるように、日ごろからおやつをあげたり遊んであげたりと積極的にコミュニケーションを取って信頼関係を築き上げておくとしつけもしやすくなります。

・悪いイメージを与えない

おいでは犬を近くに呼ぶ時に有効な方法ですが、上手に使い分けることが重要です。例えば呼んでからわんちゃんの嫌がる爪切りをするなどの行為を続けてしまうと、犬は本能的にその言葉に警戒をするようになります。そのため、おいでで呼ばれるのは楽しいことだという認識をさせるためにも、病院に連れて行く時や爪切りなどをする時はおいでは使わないことです。

・呼びっぱなしにしない

これは悪いイメージと同様の意味合いになりますが、呼んでおいてそのまま放置するようなことは避けるべきです。呼ばれて近くに行ったのに何もしてくれない=つまらないというイメージを与えるといくら呼んでも来なくなります。そうならないように、呼ぶ時は必ずそのわんちゃんが好きなことをしてあげるようにしましょう。これは遊びでもおやつでもその犬が好きなことであればどんな方法でも問題はありません。

最後に

わんちゃんにとってお外はどうしても気が散ってしまうもの。「おいで」の練習もまずは必ず室内から始めてください。室内で出来るようになったらリードを付けた状態でお外で挑戦してみましょう。
しつけは強制的に従わせるものではなく、コミュニケーションの一環として行いながら信頼関係を築いて行くといいでしょう。
監修獣医師 加藤 由生子

酪農学園大学獣医学科卒業
その後獣医中医師の資格を取得。2017年に動物鍼灸治療を中心とするペットサロンBEANSを開院。中医学という選択肢がペットにもあるを広めて行きたいです。

▶監修医のプロフィールはこちら