【獣医師監修】あなたは大丈夫?しつけで絶対やってはいけないこと !

【獣医師監修】あなたは大丈夫?しつけで絶対やってはいけないこと !

現在わんちゃんを飼っている人も、これから飼いたいなぁ~と思っている人も、大切な家族として長く仲良く暮らしていく為には、しつけはとっても大切です。そこで大好きだからこそ、ついついうっかりやってしまいがちな間違いを、5つご紹介します。

(1)叱る時はわんちゃんの名前を呼ばないで!!

愛犬の名前は大切な、特別なもの。わんちゃんにとっても飼い主から名前を呼ばれる事は、本来嬉しい事です。ですが、叱る時にいつも名前を呼びながら叱ってしまうと、わんちゃんは「名前を呼ばれる=叱られる(嫌な事がある)」と覚えてしまいます。わんちゃんにとって「名前=嫌な事」と結び付けられてしまい、名前を呼ばれる事自体を嫌うようになってしまいかねません。

(2)叱ってる時にわんちゃんと無理やり目を合わせちゃだめ!

わんちゃんにとっては、目を合わせ続ける事は相手と対立する姿勢を示す事になります。だから、わんちゃんが叱られている時にふいっと目をそらしてしまうのは、ある種の「あなたに降伏します」という表現です。それを「聞いていない」と勘違いし、無理矢理合わさせようとすると犬は不安や恐怖を感じ、逆に攻撃的になってしまう事もあります。場合によっては自己防衛の為に相手を噛んでしまう、という事も有りえます。そんな事にならないためにも、やってはいけない事と覚えておきましょう。

(3)失敗した時に大きな声を出すのはダメ!

トレーニングをしている時にわんちゃんが失敗してしまうとついついヒステリックに声を荒げてしまったり、予想外の事に悲鳴を上げてしまったりするのも良くありません。トレーニングが上手く行かなくてもイライラせず根気強く繰り返すことが大事ですし、やってはいけない事をしたのなら落ち着いた声で「いけない」「ダメ」など短い言葉で諫めましょう。

(4)叩くなどの体罰はダメ!

言う事をきかない、悪い事をしたからといって体罰は止めましょう。わんちゃんは叱られているという認識は無く、意味も解らず殴られるという恐怖でしかありません。これでは信頼関係では無く力による服従です。わんちゃんによっては恐怖のあまり攻撃に出る事もあります。

最後に

しつけを成功させるにはまずわんちゃんとの信頼関係を築くことが大切です。人間同士の信頼関係も1日で出来上がる物ではないでしょう。焦らず互いを尊重してこそなのはわんちゃんとも同じです。

飼い主が何気なくやってしまっている行為も犬にとっては理解出来ない、或いは全く違った意味を持つ行為であることも多々あります。飼い主がきちんとわんちゃんの生態を理解し基礎知識を持つことは、人間と犬がより良い関係を築き、お互いが幸せに暮らすためにもとても大切な事です。

監修獣医師 加藤 由生子

酪農学園大学獣医学科卒業
その後獣医中医師の資格を取得。2017年に動物鍼灸治療を中心とするペットサロンBEANSを開院。中医学という選択肢がペットにもあるを広めて行きたいです。

▶監修医のプロフィールはこちら