これで完璧!「まて」の教え方と注意点とは

これで完璧!「まて」の教え方と注意点とは

ペットの中で、安定した人気を誇っているのが犬です。大切な存在だからこそ、しつけはしっかりと行うものです。ここでは、しつけの1つである「まて」の説明をします。

(1) コマンド「まて」とは

しつけのなかでも、必ず覚えさせておきたいのが「まて」です。「まて」は、飼い主が許可をだすまで、わんちゃんがその場所にとどまって動かないことです。突然走りだしてしまった時や、買い物などで外で待たせる時に「まて」ができると、わんちゃんを速やかに落ち着かせることができます。

(2) まての教え方について

「まて」を教える時は、最初に「おすわり」の状態にさせて、少し離れてみるといったことからはじめます。少しの時間でもじっとしていたら、しっかりほめることが大切です。ある程度できるようになったら、「まて」や「よし」などの声かけをしながら、徐々に距離や時間をのばしていきます。動かずにいたら良いことがあると、わんちゃん自身が覚えることが上達のポイントになるのです。

(3)おやつを使わずに教える方法

ほめるときには、ごほうびとしておやつをあげるという人も多いかもしれませんが、カロリーの摂りすぎは肥満の原因になりますので、注意が必要です。餌のかわりに、撫でたり抱きしめたりなどのスキンシップや、おもちゃをごほうびにする方法もあります。

まて」は、飼い主や周囲の人だけでなく、わんちゃんの安全を守るためにも大変役に立ちます。愛犬とのペットライフを長く、充実したものにするために「まて」は欠かすことのでき
petpetlife編集部

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から
しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。