犬の留守番前後のおやつの与え方~帰ってからあげる?出発前にあげる?

犬の留守番前後のおやつの与え方~帰ってからあげる?出発前にあげる?
可愛いわんちゃんを置いて出かけるのは心苦しいものの、毎日の生活の中で犬に留守番をさせなければいけないシーンも多いものです。

犬の留守番に関しては、おやつの与え方も重要と言えます。しつけとして効果的なおやつの与え方について見ていきましょう。
また、留守番をしている間におやつを与えることが良くない理由についても紹介しています。

★犬の留守番のしつけでオヤツは効果的

寂しがり屋のわんちゃんは、飼い主が出かけるとなると吠えたり一緒について来たりして、なかなかスムーズに出かけることができないケースもあります。何とかしつけをして、留守番に慣れさせる必要が出てくるでしょう。

そんなときに効果的なのがおやつですが、大切なのはおやつを与えるタイミングです。上手な与え方をすることで、わんちゃんも賢く留守番ができるようになるはずです。

★こんな与え方をしよう

・飼い主が帰ってきてからご褒美として与えよう

わんちゃんが吠えるなどして言うことを効かずスムーズに出かけられないときは、大人しくさせるために、ついついおやつを与えてしまう人も多いでしょう。
しかし、タイミングとしては、出かける前ではなく、帰って来てから留守番をしたご褒美としておやつを与えることが望ましいです。

玄関まで迎えに来たわんちゃんを、「賢かったね」と撫でてあげながらおやつを与えましょう。そうするとわんちゃんもだんだんと、留守番をすることに慣れてきます。賢く留守番すれば、後でご褒美がもらえるということを頭が覚えるようになるのです。

・ケージ慣れの訓練のご褒美としてのおやつ

飼い主がいるときは部屋で放し飼いをしていても、出かける際にはケージに入れて行く必要があるお宅も見られます。ケージに入れられることを嫌がる犬も多いので、訓練を行う必要があるでしょう。

トレーニング方法としては、わんちゃんをケージに入れて初めは数分だけ離れて戻ってくることを繰り返し、だんだんと飼い主がケージから離れる時間を長くしていきます。吠えずに静かに待っていたときは、褒めておやつを与えるようにします。そうすると、静かに待っていればおやつをもらえるのだと認識するのです。

飼い主が離れる時間が長くなり、最終的には家を不在にするときにケージに入れるようにしていきます。わんちゃんはケージに入れられると飼い主がいなくなると察知するようになり、そして吠えなければおやつをもらえることも覚えるでしょう。

そして出先から帰って来たらケージから出してやり、褒めておやつを与えれば、ご褒美になります。ケージ慣れも訓練が必要ですので、おやつを上手に活用してしつけていきましょう。

★留守番中のおやつはデメリットがいっぱい

・肥満になる

留守番をさせている間、気になるのは吠え続けてご近所に迷惑をかけないかということです。
飼い主が出かけるまで吠えるのはまだしも、出かけてからもずっと吠えているとしたらそれは心配なことでしょう。

けれども気を付けなければいけないのは、吠えないようにとおやつを大量に与えて出かけることです。おやつを食べていれば吠えなくて済むだろうという考えがあるかもしれませんが、わんちゃんはドッグボールに入れただけすべて食べてしまう可能性もあります。必要以上に食べてしまうと、犬は肥満になってしまうのです。

肥満は糖尿病をはじめさまざまな病気の引き金にもなります。病気を予防するためにも、たくさんのおやつを与えて外出するのはやめるようにしましょう。

・ワガママになる

出かける前におやつを与えるというのは、しつけにはなりません。なぜなら吠えるのをなだめるためにおやつを与えることになるので、わんちゃんもそれを察知して、「吠えればおやつがもらえる」と思ってしまうのです。
そうすると出かけるときに吠える習慣が続いてしまうでしょう。

吠えているのをだまらせるためにおやつを与えるというのは、しつけどころかワガママに育ててしまうことになるのです。

・誤飲などの危険性

出かける前におやつを与えるデメリットとして、わんちゃんが誤っておやつを丸呑みするなどして喉を詰まらせてしまう危険があります。

いつもなら飼い主がいる場所で安心してドックフードやおやつを食べるわんちゃんも、留守番中は勝手に誰もいない中で食べるわけです。そうすると普段と違いきちんと噛まずに飲み込んでしまうこともあります。

誤飲したときも、飼い主がいればすぐに処置対応ができますが、誰もいなければ最悪の場合窒息死してしまうことだってあるのです。

出かける前におやつを与えないことは、留守中のそうした事故を防ぐ対策にもなると言えます。
このように、わんちゃんを置いて出かけるときは出かける前ではなく帰ってからおやつを与えることが、犬にとっても良いのです。

そうは言っても、なかなか最初のうちはこうしたしつけも難しいことでしょう。出かける際の無駄吠えも、すぐにはおさまらないものです。
しかし、毎回出かけるときに、帰ってからおやつを与えるように習慣づけていけば、わんちゃんも徐々に理解してきます。

大切なペットが肥満や事故につながらないよう、気長にしつけていきましょう。
petpetlife編集部

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から
しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。