これで完璧!愛犬に「ヒール・つけ(ついて)・横」の教え方と注意点とは

これで完璧!愛犬に「ヒール・つけ(ついて)・横」の教え方と注意点とは

安全に散歩するためにも「ヒール」「つけ」「横」は必要なしつけです。
飼い主の横につかせる「ヒール」「つけ」の教え方についてご紹介します。

(1)コマンド「ヒール」「つけ」「横」とは

「ヒール」「つけ」「横」という指示は、愛犬を飼い主の横につかせることです。一般的には「ヒール」は飼い主の左側、「つけ」は飼い主の右側につかせるとされています。散歩中などに役立ち、愛犬の行動を抑制し、事故や怪我などトラブルを未然に防ぐ効果があります。

(2)「ヒール」「つけ」「横」の教え方について

「ヒール」「つけ」「横」の教え方として、ご褒美(おやつやおもちゃ)を使う方法と、ご褒美を使わず褒めるだけの方法があります。ご褒美を使う場合、「ヒール」と言葉をかけ、おやつやおもちゃを見せながら、飼い主の左側へ誘導させましょう。できたらご褒美を与え褒めてあげてください。「つけ」は逆で飼い主の右側へ誘導させます。一度に教えるのではなく、一つづつ確実に覚えさせましょう。どんな教え方でも「ヒール」「つけ」「横」の指示に従うとご褒美をもらえる、良いことが起こると覚えさせることが大切です。

(3)コマンドは家族全員で統一しよう

しつけを行う上で指示する言葉は家族全員で統一させる必要があります。愛犬が混乱しないように家族で話し合い、言葉や動作を統一させましょう。しつけだけではなく褒める言葉も決めておくと混乱を避けることができます。 

(4)まずは家の中で教えてみよう

わんちゃんが安心してトレーニングできるよう、最初は家の中で教えましょう。この時、わんちゃんが集中できる環境を作ってください。集中力が低下すると、トレーニング自体が嫌になってしまうため気を付けましょう。

子犬の時からしつけをする場合、ワクチン接種など外出できない時期でも、家の中でならトレーニングできます。リードを付け、飼い主に合わせて移動するだけでも教えておくといいでしょう。

(5)慣れてきたら外で教えてみよう

最終的には、いつでもどこでも指示に従うようにしなければなりません。そのため、慣れてきたら場所を変えて教える必要があります。散歩ができるわんちゃんの場合、普段の散歩中に「ヒール」「つけ」などさせたいコマンドを指示します。散歩中、信号待ちをするとき、他のわんちゃんとすれ違うときなど様々な場面で「ヒール」「つけ」ができるようにトレーニングしましょう。従うことができたら、褒めることを忘れてはいけません。「ヒール」「つけ」=褒められると覚えさせてください。

「ヒール」「つけ」は、安全に生活するためにも必要なしつけの一つです。個体差があり教えるのに苦労するかもしれません。ですが、決してあきらめず愛犬のペースに合わせて教えましょう。成功したら思いっきり褒めてあげてください。

petpetlife編集部

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から
しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。