【入門編】愛犬のための手作りご飯に挑戦!メリットと簡単レシピ

1.手作りご飯に対するよくあるイメージと心配ごとについて

市販で販売されているペットフードは、専門家が監修しているものが多く、きちんと栄養バランスが考えられています。それを毎日与えていれば、愛犬の栄養について悩むことはないです。 そのため、特に栄養の知識がない人でも、愛犬の健康を損なうことはまずありません。 しかし、いざ愛犬のためにご飯を作ろうと思っても、何の食材をどうすればバランスよく食べてくれるのか、また、犬が食べていいものとダメなものが分からないということがあり、自分の作ったご飯で愛犬が病気になったらどうしようと心配になる人もいます。 しかし、手作りご飯を与えるということは、ペットに対しての大きな愛情表現になりますし、また単なるペットではなく、家族の一員であることの証明になるため、いいイメージをほとんどの人が持っています。

2.愛犬のごはんを手作りするメリットとは

手作りご飯のメリットはたくさんあります。

(1)飼い主と同じ食材を愛犬に与えることができる

まずは、自分たちがスーパーなどで買って食べている食材と同じものを愛犬に与えることができる点です。 食材を購入する時には、産地を確認したり、添加物がなるべく少ないものを買う人が多いです。そのように自ら確認した食材を、愛犬の食事に使用することになるので、それだけ安全で新鮮なものを与えることになります。更に、季節に応じて旬の野菜を食べさせてあげることも可能です。

(2)愛犬に合わせたご飯を与えることができる

次に、それぞれの犬に合わせたご飯を与えることができる点です。犬も私たち人間と同じように、アレルギー持ちの犬や好き嫌いが激しい犬、肥満気味な犬など、色々な体質や性格をしています。 そんな個々の犬に対して、アレルギー反応を起こす食材を使わないご飯を作ったり、少しカロリーが少ないご飯を作ったりと、それぞれに合った食事内容に変更することができます。 手作りご飯を通して、愛犬の好みや体質をもっとよく知ることが可能になります。

(3)愛犬に長生きしてもらうために

犬は飼い主に与えられたものしか食べることができません。そのため、与えるご飯を栄養があり、新鮮なものにしてあげるだけで、免疫力がついたり、毛並みが良くなったり、体臭がなくなったりと体の中は当然として、外見にも大きな変化が表れます。 自分の愛犬に長生きしてほしいのなら、何が使われているか表示だけでは分からない市販のご飯を与えるのではなく、時間がかかっても、手作りのご飯にしてあげることを強くおすすめします。

3.おすすめ簡単!手作りご飯レシピ

最初から100%手作りにすると大変です。 まずは、お味噌汁を作ったときなどに余った大根や豆腐、人参をおすそ分けしてあげるところから始めます。 普段食べているドッグフードにトッピングしてあげるだけで、大丈夫です。生の野菜ですので、ドライのドッグフードよりも栄養価が高いですし、水分も十分に摂取できます。また、千切りキャベツやすりおろし野菜を加えてあげても、喜んで食べてくれます。 慣れてくると、少し手間をかけてご飯をつくってあげましょう。犬は人間よりも腸が短いので、基本的には、すべての食材を細かくみじん切りすることが必要です。冷蔵庫にある野菜や肉をみじん切りにし、まとめて水で柔らかくなるまで煮ます。 その時においしくするような味付けはいりませんが、必要であれば、上質の醤油や味噌、塩を少量だけ加えます。 また、そのみじん切りした食材をオリーブオイルで炒めてもおいしい犬のご飯になります。その時には、大根菜や人参、椎茸、キャベツ、合挽肉などが食材として使えます。 出来上がったご飯は、製氷機で小分けにして冷凍庫で保存します。人間の食事のように面倒な作業はいりませんので、慣れてくると短時間で簡単に作れるようになります。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。