愛犬への接し方がわからなくなった時に思い出して欲しい5つのこと

愛犬への接し方がわからなくなった時に思い出して欲しい5つのこと

日ごろ私たちと仲良くしてくれているペット達ですが、
ふとした拍子にちょっと嫌いになる瞬間が訪れるかもしれません。
その時にどのような対処をすればいいのでしょうか。今回はそのことについてのお話です。

(1)育犬ノイローゼとは?

育犬ノイローゼという言葉を知っていますか?よく子育てしている親がかかりやすいのは育児ノイローゼです。育犬ノイローゼも同じようなものでワンちゃんを育てる際には最低限のしつけを覚えさせるまで根気と時間と体力を要します。この時に身体的や精神的に飼い主の方が参ってしまうことがあります。これを育犬ノイローゼといいます。

(2)育犬ノイローゼが引き起こす悲しい現実

育犬ノイローゼは精神的にも身体的にも飼い主を追い詰めるため、せっかく仲良くなったわんちゃんに当たり散らしてしまい、関係が悪くなってしまったり、最悪の場合はわんちゃんを手放してしまったりすることもないとは言えません。
せっかく家族に迎え入れたわんちゃんを手放したくはないですよね。

(3)あなたがもし 愛犬を嫌いになりそうな時は思い出して欲しいこと

もし、しつけを愛犬にしている段階で、あまりしつけが愛犬にうまく定着せず悩みに悩んだ末、愛犬を嫌いになってしまいそうなときはいったん深呼吸してみてください。
そして愛犬の顔をじっくり見つめた後、しばらく抱っこしながら愛犬が自分の家族になるまでの過程を思い出してみてください。
最初から嫌いで家族に愛犬を迎えましたか?そうではないですよね。この子しかいない。
そう思って家に招き入れた自分のことをよくよく思い出して愛犬を抱きしめれば、嫌いと思う気持ちも少しずつ薄れていきます。

(4)いつまでも仲良しでいるためにできること

いつまでも愛犬と仲良しでいるためにできることとしては、まず家族でしつけや世話の係を分担することが挙げられます。
自分一人で愛犬と向き合いながらしつけをすると、煮詰まったときに自分を責めて、その苛立ちがまた愛犬に向かうという、悪循環を招きかねません。そのために家族みんなでしつけをしましょう。

また、どうしてもしつけがうまくいかない場合は、トレーニングスクールに通ったり預けたりしてみるのも一つの手です。
その道のプロに頼ることで、愛犬もすんなりしつけを覚えることができ、飼い主さんの負担も軽減されてお互いにいいことばかりです。
またトレーニングスクールではしつけだけでなく、おすすめの獣医なども教えてくれる場合もあるので積極的に頼ってみてはいかがでしょうか。

育犬ノイローゼにかかってしまい、せっかく家族に迎え入れた愛犬とさよならするなんて、絶対嫌ですよね。もし嫌いになってしまいそうなときは愛犬を迎え入れるまでの過程を思い出して、深呼吸してからもう一度愛犬と向き合ってみましょう。嫌いな気持ちは消え去っているはずです

petpetlife編集部

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から
しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。