パッドロッカー(いぬ用トイレ処理ポット)を使ってみた感想

ワンちゃんの使用済ペットシートの臭い問題は、ワンちゃんと生活する飼い主さんなら誰しもが直面することと思います。我が家も、ベランダに袋を用意し、そこに入れてから

更に袋に入れて捨てるという生活を送っておりました。そこで、パッドロッカーなる物を入手!パッドロッカーの詳細についてご紹介します。

また、使用して半年近く経過しているので、実際、使用して感じたことも追記させていただきます。

1.使用用途

室内でわんちゃんと暮らしている飼い主さんが直面する「使用済みトイレシートのニオイ問題」を軽やかに解決してくれる「いぬ用トイレ処理ポット」です。

もちろん、いぬ用のトイレシート以外にも、ねこ、うさぎ等のペットシーツ処理にも使用可能です。ニオイや雑菌をシャットアウトしてくれるので生ごみに処理にも使えます。

 2.製品特徴

(1)清潔でにおわない!

AIR SEAL™テクノロジー」を採用した5層構造のマルチバリアフィルムを使用しているので、嫌なニオイや雑菌などをしっかり閉じ込めてにおわず清潔です。

(2)とにかくカンタン

フタを開けて、使用済みシートを捨てるだけというシンプルな使用方法です。

組み立ても特になく(カートリッジの取付のみ)すぐに使用できます。
カートリッジの取り付け方

(3)デザインが良い

白を基調としたシンプルなデザインなので、お部屋に置いても邪魔になりません。

3.使用方法

とにかくカンタンな 2ステップ

  使用方法2ステップ



4.サイズ感

我が家の麦之助くん( Mシュナウザー)より少し小さいくらいのサイズ感です。

パッドロッカーサイズ表 

5.コストパフォーマンス

わんちゃん 1匹の場合、カセット 1個で約 2か月もつとのこと。本体価格は大体 2,000円未満です。本体にはカートリッジが1つセットになっていました。

別メーカーの同じような商品を調べたところ、「パッドロッカー」の方がやや割安でした。

6.実際に使用してからの経過など

実際に、我が家でパッドロッカーを使用しはじめて半年近く経過しました。使ってみての感想をまとめます。

(1)臭い問題

これは、かなり改善されています。ベランダの入り口付近に置いていますが、まったく臭いは感じません。もちろん、ペットシートを捨てるときには多少の臭いはあります。

(2)貯まったシートを捨てるタイミング

我が家の場合、だいたい2週間弱で捨てています。シートは1日に2~3枚捨てるので、28枚~ 30枚で捨てるという感じです。(ワイドシートを使用しています)

捨てる時は、内側にカッターが付いているので、ハサミなど無しでカットできます。カットした後、袋を引っ張り出して、切り口部分を結べば OKです。

捨てる時の方法

(3)カードリッジの交換頻度

2月から使用し始めて、 8月現在までで3個~4個くらい使っていると思います。1ヶ月半~2ヶ月で1個というサイクルです。

個人的な評価

臭い問題の改善や、フタを開けて丸めたシートを押し込むだけで良いという点ではかなり楽チンです。コスト的には、専用の袋を使用するのでスーパーの袋時代と比べるとお金がかかるように
なりましたが・・・。わりとズボラな母としては、しばらく貯めて捨てられるという点で星3つ半くらいの評価になります!



7.関連商品

取替えカセットが別売りであります。ちなみに、ねこちゃん用のトイレ処理ポット

「リターロッカー 」という商品もあるようです。
厳選おすすめ快適グッズ!リターロッカー(猫用トイレ処理バケツ)のご紹介

8.取扱い店舗

・イオンペット

・オークワ

・オリンピック

・サンワドー

・ジュンテンドー

・ダイユーエイト

DCMカーマ

DCMサンワ

DCMダイキ

DCMホーマック

・ドン・キホーテ

・ナンバーホームセンター

・ペットエコ

・ペットショップ小島

・ペットワールド アミーゴ

・ホームセンターアグロ

・ホームセンターアヤハディオ

・ホームセンターカンセキ

・ロイヤルホームセンター

楽天やアマゾンでも取扱いはありました!!

 

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。