使いやすくて人気!【初心者向き】犬のトリミング専用ハサミおすすめ3選

愛犬の見た目の美しさと衛生面を保つために必要なトリミングですが、愛犬のためとはいえ数か月ごとに 1万円弱の費用が掛かるのは正直辛い と感じている飼い主さんも多いことでしょう。

ハサミやコームなど、最低限の道具を揃えられさえすれば、プロのような完璧なお手入れをすることはできなくても、部分的なお手入れをこまめにしてあげることでペットサロンのお世話になる回数を減らすことができます。ここでは、犬のトリミングに使うハサミの選び方やおすすめの商品などについて詳しくご紹介します。

1.どんなハサミが使いやすいか



使いやすいハサミのポイント

自分で犬の被毛をトリミングする際に気になるのは、どのようなハサミを使えばよいかということです。大切な愛犬の体のお手入れに使うものですので、犬の毛をカットするのに適切な道具をそろえておきましょう。ここでは、自分でトリミングをする際に使うハサミを選ぶポイントについて解説します。

① 先端が丸いハサミ

プロのトリマーさんのようなきちんとした技術がない人が犬のトリミングをする際にもっとも心配なのが、犬の皮膚を傷つけてしまうことです。犬の皮膚は人間の 1/3程度ともいわれているほど薄く、ほんの少し鋭利なものをひっかけただけでも傷になってしまう可能性があります。先端が丸いハサミを選び、犬の皮膚を傷つけるリスクを少しでも減らしましょう。

② ネジで締まり具合を調節できる

トリミング用に限らずハサミ全般に言えることですが、長期に渡ってはさみを使用していると、中央のネジ止め部分がゆるくなってしまいやすくなります。ネジがゆるくなると、 2つの刃の合わせ方が狂って切れ味が悪くなってしまいます。

また、固い毛を切るときはゆるめに、柔らかい毛を切るときはきつめにと、犬の毛質によって調整することで、よりスムーズにお手入れができるようになります。自分でネジを締めて締まり具合を調整できるものを選ぶことで、その時々の状況に合わせた状態でハサミを使うことができます。

③ 切れ味がよい

トリミングに切れ味の悪いハサミを使うと思うように被毛を切ることができず、無駄な力がかかって犬にけがをさせてしまう可能性があります。トリミングに使うハサミは、刃こぼれがなく切れ味のよいものを選ぶことが大切です。毛を切ること自体は 100円均一で売られているような安いハサミでもできますが、毛へのダメージやけがのリスクを考慮するとある程度高品質なトリミング専用のハサミを選んだ方がよいでしょう。

ハサミの種類

全体のカットからすべてご自身で行いたい!という場合には、ハサミを使い分けることをオススメします。とりあえず、お尻周りや足の裏など、すぐ伸びちゃう部分のカットだけしたい!という場合には、ボブバサミなどを使用しましょう。

肉球の画像

2.おすすめの犬のトリミング用ハサミ

前の項目で解説した取り、トリミング用のハサミを選ぶポイントは 、「先が丸いこと」・「ネジで締まり具合を調整できること」・「切れ味が良いこと」3つです。

プロのトリマーさんが使っている専用のハサミは 1本数万円することも多いですが、自宅で自分の愛犬のお手入れをするだけの方であれば、それほど高性能で高価なハサミを用意しなくても大丈夫です。トリミング初心者でも使いやすい、手軽なお値段のトリミング用ハサミの中からおすすめのものを 3つご紹介します。

AUGYMERハサミ トリマー ペット用

AUGYMER のトリミングセットは、家庭でのトリミングにぴったりです。約 3000円でトリミングに最低限必要な道具が揃うので、これ一つ買っておけば安心です。セット内容は、コーム・ハサミ 3種・すきバサミ 1種です。

いずれも先が丸くなっており、カット中に急に犬が動いてしまった場合も大きなケガにつながらないよう工夫されています。また、ハサミの合わせ部分もネジ式で簡単に調節ができるようになっています。

さらに、ハサミの持ち手部分が接するところにゴムがついていて衝撃を和らげるような構造になっていたり、右利き・左利き問わず使用できるデザインになっていたりと、人間側にも嬉しいポイントの多いハサミとなっています。

KINGSTAR ペット用 トリミング ハサミ

KINGSTAR のトリミング用ハサミセットは、安さと品質の高さを両立した道具をそろえたい方におすすめです。 KINGSTARのトリミング用ハサミには粉末微粒子鋼が使用されているので、耐摩耗性が抜群。長く同じものを使っても刃こぼれしにくく、切れ味の良さをキープします。セット内容は、コーム・レギュラーシザー・セニングシザー・カーブシザー・お手入れ用のクロスの 5点です。

カーブシザーやセニングシザーが入っているので、毛を梳いたり、曲線的に毛をカットしたりと、愛犬をこだわりのスタイルに整えてあげやすくなります。

③ 富士山シザー トリミングシザー

富士山シザーのトリミング用ハサミは、 AUGYMER KINGSTARと比べるとかなり高価です。その分ハサミとしての品質は高く、長く使っていけるような仕様になっています。富士山シザーのハサミはプロのトリマーさんも使うプロ仕様の一品で、熟練の職人が 11本点検して出荷しているものですので、使い心地や切れ味が段違いです。

また、万が一購入から 1年以内に不具合が起こってしまった場合には無償で修理してもらえる保証もついているので、安心して使用することができます。愛犬に使うものなら本格的な道具にこだわりたいという方におすすめです。

まとめ

犬の被毛のお手入れに使うトリミング用のハサミは値段・品質ともにピンからキリまでありますが、それほど本格的な全身カットを行う場合でなければ数千円で購入できるセットのハサミでも十分対応できます。自分の予算に合ったハサミを選び、お得に愛犬の被毛のお手入れができる環境を整えましょう。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。