猫のトイレのしつけはいつからがBEST?遅れた場合は大丈夫?

猫をこれから飼いたいけど、しつけはどうすればいい、すでに猫を飼いはじめたけど、トイレのしつけはどうすればいいなどのお悩みはありませんか。トイレのしつけや処理方法などを以下にまとめてみましたので参考にして下さい。


★生後1か月ごろがBEST

猫のトイレのしつけ時期は生後1か月の自分で排泄できる頃が適切な時期になります。床のにおいを嗅いだり、床を掘る姿をみかけたらトレイに連れて行って下さい。これを繰り返し行うことで、自然に覚えてきます。とにかく繰り返すことが大切になります。一度覚えてしまえば、自分専用のトイレと認識してくれます。それまでは、他の場所でしてしまったりしても、怒ったり叱ったりしても効果はないので、ゆっくりと教えていきましょう。


★猫は本来綺麗好き~遅れても大丈夫

猫は本来綺麗好きの性質をもっていますので、トイレが汚れていると他に排泄できる場所へ移動してしまいます。
成猫の場合でも、まだしつけができていない場合は子猫と同じように、繰り返し教えてあげることです。時間がかかるかもしれませんが、おくれても大丈夫なのです。


★家庭での猫の排泄物の処理は?

トイレに流す、燃えるゴミとして出す、自宅で庭に埋める、生ごみ処理機処理するなどが挙げれあれます。
自治体や下水処理設備によって違いがありますので、注意が必要です。今は、猫用の防臭袋など気軽に購入できますので利用してみるのも良いでしょう。また、おしっこの取り方は、おしっこで固まった砂や濡れている砂を取り除けばOKです。糞の取り方は、スコップですくい砂を落としてから捨てます。あとは、砂猫が減ったら足しておき、砂の表面を均等にすることです。スコップで取りづらい場合は、ビニール袋でとり、裏側にして落として捨てます。システムトイレも販売されていて、尿を吸った砂が、下部のトレイに落ちるしくみになっていて便利です。どの方法も、毎日のことになりますので、自分の合った方法をえらびましょう。


★トイレは常に綺麗にしておきましょう

通常、猫のトイレ掃除時期は1日1回が目安とされていますが、排泄や排尿したらすぐ片付けるのが一番清潔な方法と言えます。
砂の上に糞があれば、こまめに取り除いておけば匂いもさほど気にならなくなります。


まとめ

猫を飼うことは比較的簡単と言われていますが、トイレのしつけと処理はこまめに行いましょう。清潔に保つことで猫にとっても、飼い主にとってもストレスがない快適なペットライフを送ることができるでしょう。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。