犬と室内で遊ぼう!楽しい室内遊び~引っ張りっこ、宝探し、オモチャ

犬にとって、飼い主と一緒になって遊ぶひと時は大好きな楽しい時間です。飼い主にとっても犬とのコミュニケーションを取ったり絆を深めたりするためにも、遊びは大切な要素だと言えるでしょう。ここでは、特に室内飼いの犬との遊び方についてご紹介します。

■引っ張りっこ

犬は、人間が狩りに連れて行き獲物を追いかけさせたり、狩りで瀕死の状態になった獲物を咥えて持って来させたりするように、動く物に本能的に反応する習性があります。ですから、室内飼いの犬でもおもちゃなどを使って擬似的に野生の本能を呼び覚ますような遊びには、喜んで付き合ってくれるでしょう。
たとえば、飼い主が手に持ったぬいぐるみなどのおもちゃを動かす遊び。これは犬におもちゃを咥えさせ引っ張りっこする遊びです。この遊びを通して、同時にしつけを学ばせることができます。手順は以下のようになります。

(1)飼い主は、犬の鼻先で手に持ったおもちゃをゆらゆらと振ってみせます。犬は、その動かされているおもちゃがあたかも生きた獲物であるかのように、興奮し注視するでしょう。

(2)ここで、飼い主は一旦おもちゃを動かすのをやめて、犬の興奮を鎮めさせクールダウンさせます。そして、一声「おすわり」などと命令します。

(3)犬が命令に従ったなら、そのときに初めておもちゃを犬に咥えさせましょう。そして飼い主と犬とでおもちゃの引っ張りっこをして遊びます。犬に勝たせたり、ときに飼い主が勝ったりと、犬に遊びを楽しませてあげてください。

(4)引っ張りっこ遊びは、やっているうちに犬の興奮が高まることがあります。そして、「ウー」などと犬は唸り声を上げたり、左右に首を振っておもちゃを振り回したりするかもしれません。そのようなときには、一旦この遊びを止めて休憩しクールダウンさせます。犬はおもちゃを咥えたままになっているでしょうが、しばらくして犬がおもちゃを離し「おすわり」の姿勢になったのを見計らって、飼い主は一声「よし!」と命令し再び遊びに戻ります。
このように、この引っ張りっこは興奮とクールダウンを繰り返しながら続けるとよいでしょう。

■宝探し

宝探しは引っ張りっこと同様に、犬の本能に働きかける遊びと言えます。おやつやドッグフードが入ったおもちゃを部屋の複数箇所に隠し、それらを見つけさせる遊びです。優れた犬の嗅覚を刺激し、犬にとっても楽しく遊ぶことができることでしょう。その具体的なやり方について、ご紹介します。

(1)座布団やタオルなどを床に広げ、おやつやドッグフードなどを入れたおもちゃをその下に隠します。最初のうちは、犬がこの遊びを理解するために犬が見ているその場でおもちゃを隠しましょう。

(2)犬がこの遊びを理解したなら、犬を隣室に閉じ込めおもちゃを所定の場所に隠します。そして、隣室のドアを開け「サーチ」などと命令し、犬に探させます。上手く見つけ出せたら、「よくできたねー」などと頭を撫でてほめてあげるとよいでしょう。

■ボールとってきて

なにか、たとえばボールを取ってこさせるという行動を促す遊びも、犬のしつけをともなう遊びとしてはポピュラーです。ボールを転がし、止まったところで「取ってこい」と命令し、取ってこさせます。成功すればおやつをあげるという報酬を与えます。慣れてくれば、おやつ無しでボールを取ってくること自体を楽しむことになるでしょう。躾としては、犬と飼い主の主従関係を強化することに繋がる遊びです。

■ピストルバーン!

飼い主が、人差指と親指でピストルの形を作り、「バーン!」と一声かけると犬が倒れて死んだふりをする。そんな芸を犬に覚えさせるのが、「ピストルバーン!」という遊びです。この芸も上手く出来たら餌を報酬として与えるとして、徐々に訓練し最後には餌を与えなくても飼い主が「バーン!」と声を出すだけで、犬に死んだふりをさせることができます。このような遊びも飼い主と犬との絆を深める一つの機会になるでしょう。

■おもちゃを利用する遊び

「引っ張りっこ」「宝探し」「ボールとってきて」は、いずれもおもちゃという具体的なツールを使った遊びです。このように、おもちゃを使う遊びの場合に注意しなければならないことは、普段、おもちゃは犬が容易に探し出せるまたは目にする場所には置かないということです。おもちゃが犬のいつも目にする場所にあると、犬の関心が薄れ、いざおもちゃで遊ぼうとする際には、高いテンションでの遊びになりにくいので、注意が必要です。

■まとめ

遊びは、飼い主にとって犬との絆を深めるとともに躾という点でも大切なイベントの一つです。ですから、コンスタントに犬と遊ぶ時間を作ってあげるようにしてください。また、犬と飼い主の双方が遊びを楽しめるためには、一つの遊びに偏るのではなく別の遊びを組み合わせながら、飽きがこないようにすることが大切です。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。