ペットの暑さ対策!凍らせたペットボトルをタオルで巻いて活用してみる

ペットの暑さ対策として、凍らせたペットボトルが活用できることを知っていますか?
今回はペットがひんやりとした夏を過ごせる、「凍らせたペットボトル」についてご紹介したいと思います。
身近にあるペットボトルを活用して、ペットの夏バテを予防してみてくださいね。

■1.ペットの暑さ対策で凍らせたペットボトルを使う人が多数

暑い季節でも、毛に覆われたペットたち。なんだかとても暑そうだと心配してしまう方も多いのではないでしょうか。実は人と同じように熱中症にかかってしまうペットも多いため、「動物だから暑さは大丈夫」と油断せずにしっかりと暑さ対策をしてあげることが大切です。

そんなペットの暑さ対策ですが、その手軽さからペットボトルを使った方法を実践している人が増えているようです。内容はとても簡単で、「ペットボトルに水を入れて凍らすだけ」というシンプルな方法です。
凍らせたペットボトルをタオルで巻いて、ペットのお部屋に置いておくだけでひんやり冷たいアイテムの出来上がりです。そのひんやり感から、このペットボトルを抱いて眠るペットもいるそうです。

■2.しかし、こんな疑問が「ペットボトルに巻いたタオルが抜けてしまう」

凍らせたペットボトルはペットの暑さ対策としてとても重宝しますが、ある疑問点が出ているようです。それは「ペットボトルに巻いたタオルが抜けてしまうのを、どうにかできないだろうか」という疑問です。

丁度いい冷たさに調整するため、そしてペットボトルから出る水滴で濡れてしまうのを防ぐために重要な役割を持つタオルですが、ペットボトルに巻いただけなので簡単に抜けてしまうのです。ペットが遊んだり転がしたりすると抜けてしまうため、それを解決したいという意見もあります。
冷たい状態を長持ちさせるためにも、タオルはできるだけ抜けない状態にすることが望ましいです。タオルから抜けにくくするためには、どのような改善が必要なのでしょうか。

■3.上手なタオルの巻き方

ここでは冷たいペットボトルを維持するために、上手なタオルの巻き方について考えてみたいと思います。少しの工夫でタオルをしっかりと維持することができますので、是非試してみてください。

① ヘアゴムできつめに縛る

タオルを巻いたあと上下の口をヘアゴムで縛ることで、タオルを崩れにくくしてみるのはいかがでしょうか。
上下をしっかりと縛りますので、ペットがペットボトルを転がしてしまっても簡単にはほどけることがありません。立てて使いたい場合には、タオルの端を上部にまとめて縛れば安定もよくなります。

② 長靴下にペットボトルを入れる

ペットボトルに巻く素材は、タオルではなくても大丈夫です。たとえば長めの靴下にペットボトルを入れるだけで、タオルよりも抜けにくいカバーとして活用することができます。
さらに靴下の上部を縛ることで、より抜けにくくすることが可能です。履かなくなってしまった靴下を再利用できるので、リサイクル感覚で試してみてください。

③ カバーを作る

手芸が得意な方の場合は、専用のカバーを作るという方法もあります。入らなくなった布やシャツなどを切って袋状に縫えば、素敵なオリジナルカバーの完成です。
いろいろな布を縫い合わせてパッチワークのようにしてみるのも、おしゃれ感が増していいかもしれません。

■4.ペットボトルの代わりに保冷剤を使うという手も

ペットボトルの使用がうまくいかない場合には、保冷剤を使うのはいかがでしょうか。食品やケーキを購入した際にもらえる保冷剤を再利用すれば、コストも抑えることが出来ます。
使用後にはそのまま冷凍庫へ入れておけば何度も再利用することができますし、形状によって使い方のバリエーションも広がります。

まとめ

ペットの暑さ対策に便利な、ペットボトルの活用法をご紹介しました。ペットボトルに巻くタオルも、アイデア次第では手作り感のあるおしゃれなカバーになります。
ひと手間かけることで抜けにくいカバーにすることができますので、是非この機会に試してみてくださいね。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。