猫が喜んで留守番してくれるおもちゃ?電動ごろごろボールや猫トンネル

猫は犬程寂しがり屋ではなく、留守番も苦にしない猫が多いです。しかし、中には寂しがって鳴いたり、大暴れしたりする猫もいます。寂しがる猫を置いて家を出ることは辛いものです。
そこで今回は外出時や、忙しくて構ってあげられないときなどに大活躍の猫用おもちゃを紹介します。

★留守番時のおもちゃのポイント

飼い主がいなくても遊べる

留守番の時に退屈を紛らわせるためには、飼い主さんが操作しなくても遊べる一人遊び用のおもちゃが必要です。一人遊びができる環境を整えることで、飼い主さんが外出している時、寝ている時などに遊んで運動できるため、運動不足解消にも繋がります。
運動不足は病気の原因にもなるので、一人遊び用おもちゃは猫の健康にも有効です。

怪我を誘発しないもの

飼い主さんが不在の時に使うものなので、怪我を誘発するようなおもちゃは避けましょう。例えば鋭い部分や、首や爪に絡まりそうな部分を持っているもの、誤飲しそうな小さい部品があるものは留守番時のおもちゃとして適していません。安全なおもちゃを揃え、猫がのびのびと遊べるようにしましょう。

★オススメの猫向けお留守番おもちゃ

電動ごろごろボール

留守番用におすすめの猫用おもちゃをいくつか紹介します。
一つ目は電動ごろごろボールといって猫の狩猟本能をくすぐるおもちゃです。
カラフルなボールの中にモーターが入っていて、電動で部屋の中を不規則に動き回ります。壁に当たっても自動で進路を変えるため、勝手に止まってしまうことはなく長く遊べます。
猫は動き回るおもちゃが大好きなので、運動不足やストレスも解消できます。

猫トンネル

猫の狭いところが好きな習性を利用したおもちゃです。細長いトンネルに窓や出入り口がついていて、飛び込んだり中に入ってごろごろして遊びます。
トンネルの中で完結するため、家の中が散らかる心配がありません。猫はシャカシャカした音が好きなことが多く、ポリエステルで出来たものを選ぶとより気に入ってくれます。
窓から猫がひょっこり顔を出している様子はとてもかわいく、外出したくなくなってしまうかもしれません。

キャッチミーイフユーキャン

ビニールの土台から、電動で猫じゃらしがランダムに動き回ります。猫の狩猟本能を刺激し、飽きずに楽しむことができます。アマゾンでベストセラーに認定されている商品で、大人気のため2も販売されています。

けりぐるみ

猫がキックして遊べる抱き枕のようなぬいぐるみです。ペンギンや魚などかわいい種類がいくつもあるため、複数揃えるのもおすすめです。ぬいぐるみなので、堅い部品などはなく安全に遊ぶことができ、猫のストレス発散にも役立ちます。

★おもちゃは手作りしても可

気に入ったおもちゃが見つからない場合や工作が得意な飼い主さんには、おもちゃを作ってあげることをおすすめします。
自分が作ったおもちゃで猫が遊んでくれるのは嬉しいことです。
段ボールや新聞紙などを組み合わせれば、キャットタワーやキャットトンネルを作ることができます。
ただし、強度や誤飲などには十分に注意し、部品が簡単に取れない様設計しましょう。

★【番外編】子供がいる時のお留守番にはキャットサークル

子供と猫を二人きりにするとどちらかが相手に危害を加えてしまうかもしれません。そのため子供がいる時のお留守番時は猫をキャットサークルに入れておくことをおすすめします。
内部で上下運動ができるためストレスもたまらず、広い空間でおもちゃを入れておくことも可能です。子供と猫に仲良く安全にお留守番してもらうためにぜひ利用してみましょう。
ご紹介した猫の一人遊び用おもちゃは追いかけるものや、中に入って遊ぶもの、ぬいぐるみタイプのものなどバリエーションが豊富にありました。
自分の猫の好みに合ったおもちゃを選び、寂しさを感じずにお留守番できる環境を整えてあげましょう。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。