犬のトリミングをバリカンでする方法~犬用バリカン・使い方など

ワンちゃんの毛のお手入れにおいて、定期的なシャンプーやカットは必要不可欠です。「シャンプーは自宅でできるけど、カットはトリミングサロンを利用している」という方も多いのではないでしょうか。

プロに任せることはたしかに安心感という点でメリットがありますが、時間やお金がかかるというデメリットもあります。慣れない環境で長時間過ごすことになるため、ワンちゃんへの負担も小さくはありません。

今回は飼い主さん自身が行う「バリカンでワンちゃんの毛をカットする方法」についてご紹介したいと思います。流行カットやデザインカットは難しくても、簡単なカットなら自宅で行うことも可能ですので、この機会に試してみませんか?

■1.慣れない環境でのトリミングは犬にもストレス

サロンで受けるトリミングは、ワンちゃんにとってはストレスを感じるものです。慣れない環境で長時間過ごすだけではなく、じっとしていないといけないからです。

人の場合でも初めての美容室でカットをする際には、どうしても緊張してしまうと思います。小さな体のワンちゃんにとっては、それ以上の緊張状態を感じてしまうのです。

ワンちゃんが信頼している飼い主さんではなく「知らない場所で知らない人」から施術を受けるということは、想像以上のストレスだと考えてください。

■2.バリカンを使えば自宅でも犬の毛をカットできる

ペットショップなどでは、犬用バリカンが販売されています。これを使うことで、ご自宅で手軽にワンちゃんのカットを行うことができます。

自宅でカットを行うことの大きなメリットは2つあり、1つ目は「低コストにできること」です。トリミングサロンへ通うことによる出費は、決して小さくありません。サロンにはサロンのメリットがありますが、とにかく出費を抑えたいという方には是非おすすめです。バリカンを購入する初期費用はかかってしまいますが、以降はほとんど必要がかからないからです。

2つ目は「ワンちゃんがリラックスできること」です。いつもの生活環境で、信頼している飼い主さんからカットしてもらえるので、ワンちゃんへの精神的負担を抑えることができます。お気に入りのおもちゃを嚙みながら、あるいはおやつを食べながらなど、工夫次第で楽しい環境を整えることが可能です。

■3.犬用バリカンとは

犬用バリカンは、ペットショップや通販などで購入することができます。
人用と犬用の大きな違いは、細い毛にも対応することができる点です。ワンちゃんの毛は人の毛よりも細く柔らかいため、人用のバリカンではカットすることが難しいようです。犬用のバリカンであれば、しっかりカットすることができますので安心です。

また、部位に合わせてアタッチメントを取り替えることができるタイプのものも販売されています。背中・腹部と尻尾部分で刃を替えたり、犬種によって差し替えることができますのでとても便利です。バリカン自体が犬種別に作られている製品もありますので、愛犬に合わせたものを購入すると良いでしょう。

バリカン選びのポイントは、扱いやすさとお手入れのしやすさです。大きさや重さなどの使用感に加えて、コードレスのものを選ぶとコードがワンちゃんに絡まる心配がありません。

■4.初めて犬の毛をカットする場合

初めてのカットをする場合は、事前に勉強をしておくことが大切です。カットの方法をまとめたサイトや動画もありますので、参考にするとスムーズに進めることができます。
犬用バリカンの説明書の中には簡単なカット方法を記載しているものが多くありますので、それを参考にするのも良いかもしれません。

① まずは部分カットからスタートしよう

いざカットを始めようとなると、どうしても背中やお腹部分から開始したくなります。慣れている方であれば全体像をイメージしながら進めていくことも可能ですが、そうでない場合は背中からではなく部分カットから始めてください。
はじめは足やお尻周りなど、細かい部分から開始するのがおすすめです。部分カットをしながらバリカンの使用感に慣れておくと、面積の大きい箇所もカットしやすくなります。

少し進めるごとに、全体的なバランスを見るようにしましょう。バランスを見ずに進めてしまうと、長さがそろわずに仕上がりが不恰好になってしまう恐れがあります。

部分カットが終わったら、カットした部分の長さに合わせて背中やお腹もカットしていきます。多少の長さの違いであれば、仕上げ時に調整することでバランスを整えることができます。

② バリカン以外に必要な道具

バリカン以外にあると便利な道具として、カット用のはさみを用意しておくことをおすすめします。
顔周りなどの細かい部分は、部分用のバリカンやアタッチメントをつけることでカットがしやすくなりますが、細部を無理にバリカンでカットすると怪我をする恐れがあります。目や口の周りなどデリケートな部分は、無理をせずにはさみを使用しましょう。

また、使用後にはすぐに洗ってお手入れをしてください。丁寧にお手入れをすることで刃を長持ちさせることができて、より安全なカットを行うことが可能です。
カット時に必要なバリカンやはさみなどの道具だけではなく、お手入れに必要な道具や油なども用意しましょう。

③ 部分別ごとの注意点

基本的なカットの仕方は、内側から外側に向かって行うようにしましょう。
足部分は上部から足先へ向かって、体部分は頭からお尻の方に向かって、毛の流れに逆らわないようにカットするのがポイントです。お尻部分は放射線状に外に向かってカットします。

首から背中部分にかけては、ワンちゃんの頭を下げるようにしてカットするときれいに整えることができます。逆にあごから首・胸にかけては、ワンちゃんのあごを上げるようにしてカットしてください。
皮膚の柔らかい部位やたるみのある部分は、バリカンに巻き込んでしまわないようにしっかり皮膚を伸ばしながらカットしましょう。

■まとめ

初めてのカットは不安も大きく時間がかかるかもしれませんが、慣れれば愛情をかけたカットをすることができます。ワンちゃんにとっても大好きな飼い主さんと触れ合いながらのカットは、楽しく感じられるのではないかと思います。

刃物を扱いながらの作業になりますので、くれぐれもワンちゃんから目を離さずに、安全を第一に考えてカットを行ってください。続けていくことで、腕も上達して思い通りのスタイルにカットしてあげることができるはずです。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。