ドッグランデビューの極意と抑えておきたいポイントまとめ

ドッグランデビューとはワンちゃんが初めてドッグランを使用する際に使われる表現です。

お子さんの公園デビューに近いですね。ドッグランは他のワンちゃんとの交流やノーリードで自由に走ることができ、飼い主さん同士の交流も図れることから人気ですが、

犬同士のトラブルの危険性もあります。まずは、ドッグランデビューの前に抑えておきたいルールやポイントを確認しておきましょう。

1.ドッグランとはどんな場所?

ノーリードで走るジャックラッセルテリア

ドッグランとは、柵や塀で隔離された広大な敷地内の中で愛犬をノーリードで自由に遊ばせることのできる公共のコミュニケーションスペースです。

最近では、屋内型のドッグランやドッグカフェやトリミングサロンと併設しているドッグランもあるため非常に便利で人気のある施設となっています。

基本的に無料で利用できるものがほとんどですが、中には有料の施設もあります。

利用前に使用料金等を確認しておきましょう。施設によっては予防接種の証明書等を提示する必要があることもあります。  

2.ドッグランデビューのための極意

其の1:ドッグランデビューは社会化が過ぎてから

社会化期は色々な経験をさせたほうが良いからドッグランに入れてみよう!と思う飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、ドッグランは社会化の済んだワンちゃんたちが楽しむ場所です。

社会化がしっかりと出来ていないワンちゃんが、突然、ドッグランに連れてこられたらどうして良いかわからなくなってしまいます。突然行ったこともない国に放置されたら人間だって戸惑いますよね。ワンちゃんも同じです。

しかし、社会化期にたくさんの経験をすることは絶対に必要です。

社会化期真っ只中のパピーちゃんの場合には、まずは飼い主さんが抱っこして、ドッグランの周りをお散歩するなど、他のワンちゃんのいる空間に慣らしてあげて下さい。

社会化期を逃してしまったワンちゃんの場合、恐怖や警戒で吠えるなど攻撃的になる可能性があります。いきなりドッグランに入れることはせず、やはり、柵の外側からドッグランの雰囲気に慣らしていく必要があります。

其の2:基本のしつけが出来ている状態で連れていく

社会化同様に、基本のしつけが出来ていることも重要なポイントです。

ドッグランには他のワンちゃんが遊びに来ています。ワンちゃん同士で遊んでいるうちに興奮がマックスになってケンカに発展するなどの危険もあります。

ちょっと、興奮してきたなという時に飼い主さんがワンちゃんの興奮を制御できるようにしましょう。スワレ・マテ・フセ・コイなどの基本的なしつけが外でもしっかりとできる状態が理想です。


ワンちゃんのしつけの基本的な内容は以下に詳しく記載しています。併せてご活用ください。

犬のしつけ基本編|覚えておきたい基本のコマンド

其の3:事前準備はしっかりと

ドッグランが怖い所というイメージを持たせないために、デビューはなるべく他のワンちゃんが少ない時間帯を狙うようにしましょう。

そのためには、前もって人の少ない時間帯の把握をしておきましょう。

また、施設によっては予防接種の証明などが必要な場合があります。そのあたりもしっかりと確認しておきましょう。

3.マナーは飼い主さんが守ること

ドッグランは複数のワンちゃんが集まります。ワンちゃんがマナーを守ることは難しいですから、飼い主さんがしっかりとマナーを守って下さいね。

ドッグランのマナーについては下記に詳しく記載しています。

ドッグランで遊ぶなら理解しおきたいマナーや NG行為!

4.ドッグランデビューで一番大切なこと

ドッグランを利用する際に、最も大切にしてほしい点は「ワンちゃんの気持ち」です。

ポメラニアンと飼い主の画像

ワンちゃんが怖がっていたり、嫌がるようであれば無理にドッグランを利用する必要はありません。

また、飼い主さんがドッグランを利用することに不安がある場合も無理をする必要はありません。ドッグランを利用しないという選択も間違いではないということです。

ドッグランに関連する記事は他にも準備しています!興味のある記事があれば是非ご確認くださいね。

ドッグランで遊ばない!?愛犬のドッグラン嫌いを克服する方法

雨の日に便利!愛犬と室内で過ごせる遊び場&ドッグラン特集 IN関西

関東の犬が思い切り遊べる遊び場&ドッグラン おすすめスポット 7

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。