【猫の飼い主必見】猫の飼い方の本おすすめ7冊

★猫好き必見!猫の飼い方の本おすすめ8冊!既に飼っている方にも♡  

猫ちゃんを飼い始めてまだ間もない方、またはこれから飼おうと考えている方は、予習しておくことをおすすめします。
基本的な飼い方、ごはん、習性やそれに合ったしつけの方法などについて、現代のスタンダードを知っておけば飼い主さん自身が安心できますし、かわいいペットに嫌な思いをさせることもありません。

そこで今回は、猫ちゃんの飼い方に関する本でおすすめのものを7冊ご紹介します。

・0才から2才のネコの育て方(南部 美香)

これまでにない、猫ちゃんを年齢で分けてその扱い方を説いた本です。買う前の準備段階から、0才のトイレしつけなど、知りたい情報についてポイントを押さえた記述で読みやすく、かわいい写真つきなので純粋に猫好きであれば癒されてしまうでしょう。
猫も人間と同じで、その年齢によって必要となる栄養素が違います。猫専門の獣医師による監修で既に猫を飼っている飼い主さんにも勉強になる情報が満載です。

商品情報・購入はコチラ

・かわいい猫の飼い方・しつけ方(作佐部 紀子)

猫の飼い方についての教科書的な1冊といってよいでしょう。猫についての暮らし方や特性、食べ物など基本的な情報が網羅されており、本選びに迷うようならとりあえず、という感じでおすすめしたい本です。猫を飼うつもりがない方で、ただ猫が大好き!という場合にもおすすめです。これ1冊をしっかり読めば、もう猫博士として何でもOKでしょう。猫の飼い方永久保存版です。

商品情報・購入はコチラ

・幸せな猫の育て方―暮らし方・遊び方・健康管理(加藤 由子)

猫とのスキンシップの方法について重点的に書かれています。人と猫との間で「絆」を育み、双方が幸せになるための考え方についても提唱しています。
猫はかわいいけど、どのように遊んだら良いかわからない、という飼い主さんにはおすすめです。抱っこが嫌い、という猫は意外にも多いです。そんな愛猫を抱っこ好きにするための方法についても載っています。

商品情報・購入はコチラ

・猫と一緒に幸せになる本(猫の気持ち研究会)

猫の気持ちや、いたずらに隠された目的と心理について知ることで、よりおおらかな気持ちで猫と接することができる、そんな内容が詰まった本です。愛猫にはのびのびしていてほしい、厳しくしつけたくないという方にはぴったりでしょう。猫の健康のことについてもその考え方、方法論について述べています。猫にとってストレスのかからない生活がどんなものか、そういったことがわかる本でしょう。大切な猫に少しでも長生きしてもらいたい、そんな願いを持つすべての飼い主さんにおすすめしたい本です。

商品情報・購入はコチラ

・ネコの「困った!」を解決するむやみにひっかくのを止めるには? 尿スプレーをやめさせる方法は?

猫の室内飼いが一般的となってきたことにつれて、猫の問題行動(引っかき行為や不適切な排泄行為など)が深刻なものとして扱われはじめました。本書はそんな猫の問題行動が起こる原因、対処法から解決策まで詳しく掲載した良書で、猫の飼い方に悩みを抱える飼い主さんの指南書となるでしょう。猫を飼う以上、ご近所からの目を多少なりとも気にしてしまうことは多いはずです。そんなときに、猫の問題行動をしっかり把握、対策していればトラブルにもなりにくく、結果的に愛猫は地域に愛され、幸せな生活を送ることができます。

商品情報・購入はコチラ

・うちの猫ともっと幸せに暮らす本―お悩み解決法150!(加藤 由子)

猫の病気についての対処法や、動物病院との正しい付き合い方などが記載されており、万が一のときに頼りになる本です。その他にも多頭飼いの悩みや野良猫との関わり方など珍しい視点からのコンテンツも見逃せません。大学で動物行動学を専攻した著者ならではの良書です。

商品情報・購入はコチラ

・ねこのきもち

ベネッセの月刊誌。もう少し気楽な読み物に目を通したい方はおすすめです。愛猫家に広く支持を集めるシリーズであり、ごはんのことや病気のこと、困った行動とその心理について、ポイントを押さえて幅広く掲載されているので、気になる方は毎月購読してみてもいいかもしれません。

詳細はコチラ

★まとめ

猫好きにおすすめする猫の飼い方の本をご紹介しましたが、いかがでしたか?
大切な愛猫について知ることで、これまで気がつかなかった問題や困った行動の裏の意味などに気づくことができ、よりペットに近く寄り添えるようになるのではないでしょうか。
飼い主さんは今のご自分が抱える悩みに合いそうな1冊を見つけ、熟読してみてください。きっとおうちの猫ちゃんが、いつもと違って見えてくることでしょう。