穏やかな性格で気品溢れるラグドール!飼いやすい種類で優しい猫です

ふわふわとした長い被毛と、美しい青い瞳が魅力的なラグドール。人懐っこい性格をしている点でも人気です。
そこで今回は、ラグドールの特徴や性格、種類などについて紹介していきます。飼う際に気を付けたいポイントもあるので、是非チェックしてください。
 

★ラグドールとは?

ラグドールは1963年、アメリカのカリフォルニア州で誕生しました。ペルシャとバーマンを交配させて生まれた品種で、大きな体と抱っこを好む特徴を併せ持つ猫種を、と生み出されました。その後長い時間をかけて血統が確立されていくことになります。
ラグドールに似ている種類に、ラガマフィンがあります。ラガマフィンは、ブリーダーがラグドールの繁殖を広めていた際、その厳しい基準に反発する形で生み出された品種です。そのため、共通点として大きい体や柔らかい被毛といった特徴があるのです。
ラグドールはやや吊り上った青い目をしており、その美しさが人気のポイントになっています。抱っこし甲斐のあるしっかりとしたボディも特徴的で、そのボディを覆う長い被毛はシルクのような手触りをしています。
 

★ラグドールの性格は?

ラグドールとは「ぬいぐるみ」を意味します。その名の通り大人しく、非常に穏やかな性格です。おおらかで優しい性格をしている子が多く、抱きかかえられてもほとんど抵抗しません。
鳴くこともあまりしません。空腹のときや甘えるときなどに鳴くことはありますが、その声も非常に穏やかです。近所の人の迷惑になる、ということはまずありません。
猫を初めて飼う人や、子供がいる家庭でも飼いやすい品種と言えます。
 

★ラグドールにも種類があるの?

ラグドールはその長い被毛の色によって3つの種類に分けることができます。それぞれカラーポイント、ミテッド、バイカラーといい、それぞれに特徴があります。
カラーポイントとは、顔の周りの毛だけ異なる色をしている品種です。手足やしっぽの部分にもポイントとして色が入っています。子猫のときにはこの特徴は見られず、大人になってから色が現れてきます。色の種類も様々です。茶色が目立つシールポイント、灰色のグレーポイント、ピンクからオレンジにかけての色味を持つレッドポイントなどがあります。見た目の印象がかなり変わってくるので、色味は重要な要素です。
ミテッドとは、カラーポイントから派生した種類です。カラーポイントと似ていますが、足、顎、胸が白くなっており、お腹の周りに模様が入っているという特徴があります。
バイカラーは耳と顔に濃い色合いが入った種類です。鼻の周りや額はホワイトで、「逆Vの字」と形容される「八」形が大きな特徴になります。バイカラーにもシール、ブルー、レッドといったカラーがあります。
 

★ラグドールを飼う際の注意点は

ラグドールは中型の猫ですが、その中でも大きめの体をしています。そのためそれなりの運動が必要になります。筋肉質ではありますが、お腹周りに脂肪が付きやすいので、肥満を回避するためにも運動は必須です。とは言え、そこまで激しい運動は必要ありません。キャットタワーを利用して上下運動ができるようにしてあげるといいでしょう。体が大きいのでキャットタワーは低めにし、重さに耐えられるように設置することが重要です。
被毛の手入れも大切なポイントです。ラグドールの被毛はもつれにくいので、長毛種にしてはお手入れが簡単な部類に入ります。毎日朝晩のブラッシングを行い、スキンシップを取るようにしてあげてください。脇や後ろ足の部分はもつれやすい箇所です。重点的にコームで梳かすのを忘れないようにしましょう。
毎年春になると抜け毛のシーズンです。かなり抜けるので、ムダ毛はしっかり取り除いてあげてください。
 

★まとめ

大人しく穏やかな性格をしているラグドールは、とても飼いやすい猫です。普段からコミュニケーションをしっかりと取って可愛がってあげましょう。抱っこを嫌がらないので、日々の疲れを癒やしてくれるペットとしてはうってつけと言えます。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。