飼いやすい猫の種類はどの猫?性格はおとなしい方が飼いやすい?

どの猫を飼うか悩んだら、飼いやすさに注目してみましょう。飼いやすい品種の猫なら、飼い主も猫もお互いストレスなく過ごすことができます。
しかし気を付けたいのが、万人に飼いやすい猫種は存在しないという点です。どういうことなのかチェックしてみましょう。  

★飼いやすい猫は人それぞれ違う

猫の種類はさまざまで、それぞれに性格が違います。それだけにその人が猫に期待することや、飼育環境によって飼いやすい猫が変わってくるのです。
猫とたくさん遊びたい人があまり構われたくない猫を飼うと、猫にストレスをかけることになります。また集合住宅に住んでいる人が活発だったりよく鳴く猫を飼うと、周辺の家庭に迷惑になってしまいます。
どんな猫を飼いたいのか、どんな環境で暮らしているのか、猫を迎える前によく確認することが必要です。
 

★穏やかでおとなしい猫が好きな方に

・ラグドール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おとなしい性格の猫と暮らしたいなら、ラグドールは非常におすすめの品種です。「ぬいぐるみ」という意味を持つ名前に違わず、抱っこを嫌がらないという猫にしては珍しい性格をしています。
比較的大柄の猫で、あまり活発な方ではないので動き回るということもありません。  

・ペルシャ猫

Persian cat sits in front of white background

ペルシャ猫もおとなしい性格の猫です。おおらかで温和な性格をしており、鳴くことも少ないので集合住宅などでも問題なく飼うことができます。
被毛の美しさを保つためのブラッシング、コーミングはかかせませんが、手間をかけるだけの価値はある見た目をしています。その豪華さから「猫の王様」と呼ばれている猫です。  

・ロシアンブルー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気品あふれる見た目のロシアンブルーも、非常におとなしい性格をしている猫です。警戒心は強いですが飼い主に従順なので、一度心を開けば得難いパートナーになってくれるはずです。
鳴き声が小さい、抜け毛が少ないといった点も飼いやすいポイントと言えます。 

・ヒマラヤン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たっぷりとした被毛が特徴のヒマラヤンは、ペルシャとシャムの特徴を融合しようとして生まれた猫です。そのためペルシャの特徴をよく引き継いでおり、温和でおとなしく、めったに鳴くことのない猫です。遊ぶよりもゴロゴロするのが好きなので、あまり手間がかかりません。
 

★甘えん坊が好きな方に

・アビシニアン


猫には思いっきり甘えてきてほしい!という飼い主におすすめなのがアビシニアンです。毛の一本一本に濃淡がある変わった被毛を持つアビシニアンは、非常に甘えん坊な性格をしています。飼い主の後を付いて歩くなど、「犬のような猫」としても人気。鈴を転がすような声も美しく、癒されることでしょう。
抜け毛もあまり多くなく、初めて飼う猫としてもおすすめの品種です。
 

・バリニーズ

Oriental Blue-eyes siamese cat posing on a white background

バリニーズはシャム猫が突然変異を起こして生まれた猫です。スラリとした姿と優雅な歩き方が人気のポイントになっています。
バリニーズはシャム猫から生まれただけあって性格も似ており、わがままで神経質、そして甘えたな性格をしています。甘えるときはべったり、その気がないときは知らんぷりと、非常に猫らしい性格をしていると言えるでしょう。遊び好きでもたくさん遊んであげるととても喜びます。
 

★好奇心旺盛な猫が好きな方に

・アメリカンショートヘア

日本では昔から非常に人気のあるアメリカンショートヘアは、陽気で好奇心旺盛な性格をしています。猫とたくさん遊びたい、という飼い主にはぴったりな猫と言えるでしょう。
好奇心旺盛なだけにいたずら好きですが、そこがまた可愛いと言う愛好家も多いようです。
 

・ハバナブラウン

チョコレート色の被毛を持つハバナブラウンも、好奇心旺盛で元気な猫です。運動量も多いため、キャットタワーやおもちゃなどを準備してあげると喜びます。また知的なことでも知られており、中には芸を覚える子もいるようです。飼い主とのコミュニケーションを好む猫種です。
短毛なのでお手入れが楽なのも大きな特徴です。
 

・シャム

Beautiful oriental siam cat isolated on white background. Copy space.

活動的で元気いっぱい、いたずら好きなシャム猫は、運動するのが大好き。猫でありながら散歩に連れて行くと喜びます。飼う場合はストレスを溜めないよう、遊ぶための環境を用意してあげることが大切です。
最初は警戒心が強いですが、慣れてくると甘えてきます。一匹で遊ぶよりも、安心できる人とわいわい遊ぶのが好きな猫です。反面気難しい一面もあり、猫の飼育に慣れている人向けの品種と言えるかもしれません。  

★まとめ

もちろん猫にも個性があるので、「おとなしい猫種だと聞いていたけれど、うちの子はやたら活発」という場合もあります。とはいえ、目安にはなるので、飼う前に自分にはどんな猫が向いているのかを探ってみましょう。構いたいなら甘えん坊の猫を、一緒に遊びたいなら好奇心旺盛な猫を選ぶのがおすすめです。
一緒に暮らすからには大切な家族、猫に負担をかけないためにも、ライフスタイルに合った猫を迎え入れるようにしましょう。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。