アメリカンショートヘアの毛色はシルバーだけ?実は白、茶、黒など70種

アメリカンショートヘアの毛色が70種以上あるのをご存知でしょうか?日本でよく見かけるアメリカンショートヘアはシルバーに縞模様ですが、他にも白や茶色など様々な毛色があるんです。知らなかった方も少なくないでしょう。そんな様々な毛色を持つアメリカンショートヘアについて色別でご紹介いたします。


★1.日本ではシルバー色のイメージだが

アメリカンショートヘアと聞くと、日本ではシルバーに縞模様を思い浮かべる人も多いでしょう。ですが、様々な色のアメリカンショートヘアが70種類以上確認されています。すべての毛色が認められているため、このように多くの色のアメリカンショートヘアが存在するのです。誕生の歴史を見てみる、もともとアメリカンショートヘアは純血種として登録されていませんでした。そのため異種猫との交配をくり返す中で、豊富な毛色が生まれたのです。毛色の他にも、アメリカンショートヘアと聞くと縞模様を思い浮かべますが、一切縞模様がないアメリカンショートヘアも存在します。その存在を知らない方も多いですが、縞模様がないアメリカンショートヘアも認められているのです。また、毛色で目の色も変わってきます。猫には10種類目の色があると言われていますが、アメリカンショートヘアの場合、サファイヤブルーとアクア(水色)以外の全ての色が確認されています。


★2.茶色

濃い目の茶色に縞模様があるアメリカンショートヘアもいます。黒色の遺伝子の劣性遺伝子を持っていると茶色になると言われています。目の色はゴールドです。茶色の毛色に、ゴールドの瞳は特徴的で、強い印象を受ける人も多いでしょう。
縞模様には太い縞と細い縞があり、日本猫のキジトラに似ている茶色のアメリカンショートヘアもいます。


★3.黒色

黒色のアメリカンショートヘアもいます。黒色の中には、縞模様がなく全身真っ黒や、一部白が入っているアメリカンショートヘアもいます。他にも、黒と白の2種類を持つ、バイカラーのアメリカンショートヘアも。


★4.白色

白色のアメリカンショートヘアもいます。縞模様がなく全身白や、一部白が入っているアメリカンショートヘアもいます。親猫のどちらかから、全身を白くする遺伝子を受け継いだ場合、白猫になります。他にも、体の一部を白くする遺伝子も存在しているため、お腹や足など、一部だけ白くなるアメリカンショートヘアもいます。


★5.レッドタビー

レッドタビーと言われる、赤茶色の縞模様が入ったアメリカンショートヘアもいます。明るい色をしているため、優しい印象を受けるかたも多いようです。


★6.ブルータビー

ブルータビーと言われる、アメリカンショートヘアもいます。ブルーと言われますが、青色ではなくグレーに近い色をしています。黒の遺伝子と色を薄める遺伝子が混ざりブルーになるそうです。そのため、ブルータビーのアメリカンショートヘアは、黒色の縞模様が少し薄くなる傾向があります。比較的少ない色のため、そんなに多くは出会えないそうです。


★7.クラッシックタビー

クラシックタビーとは、アメリカンショートヘアの中でも一般的なシルバーに縞模様がある猫のことを言います。アメリカンショートヘアの中でも、最も発生率が高いと言われ、多く存在しています。目の色は、グリーンやヘーゼルカラーになることが多いです。

 
まとめ

アメリカンショートヘアと言ったら、シルバーに縞模様が一般的です。ですが、様々な毛色のアメリカンショートヘアがいることを、この記事でご確認いただけたでしょうか?この中でも紹介しきれなかった毛色のアメリカンショートヘアはたくさんいます。猫を飼うとき、毛色で選ぶ人も少なくないでしょう。そんなとき、アメリカンショートヘアは様々な毛色の子が多いため、選ぶ楽しみも増えます。きっと自分が好きな毛色の子に出会うことができますよ。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。