ブリティッシュショートヘアをペットにするなら知っておきたい性格のコト

猫には様々な種類がありますが、例え同じ種類であっても臆病であったり好奇心が旺盛など個体によって性格は多少異なります。ただ、同じ種類で全く性格が異なるということはないので、もし特定の猫を飼う場合は性格を把握することが大切です。今回はブリティッシュショートヘアの性格について紹介していきます。


★元はネズミ捕獲用の猫だった

ブリティッシュショートヘアという名の通り、ルーツはイギリスです。2世紀頃にローマ人がイギリスに農耕を取り入れましたが、ネズミなどの害虫によりスムーズにいきませんでした。
そこで、このブリティッシュショートヘアがネズミ捕獲用の猫として活用されたということです。1870年代に入ると、ネズミ捕りのスペシャリストとしてイギリスが改良に勤しむようになりました。そして、アメリカに持ち込まれたことでブリティッシュショートヘアは人気を博すことになり、世界中に広まっていきます。


★性格の特徴

・賢い

ブリティッシュショートヘアはネズミ捕りのスペシャリストなので、ネズミを捕り逃がしていてばかりでは役目を果たせません。確実に獲物を捕らえる為にどのように行動すれば良いかを考え、なるべく失敗しないように狩りをします。古くからネズミ捕りとして活用されてきたので、その遺伝子は今に受け継がれています。

・自立心が強い

昔からネズミ捕りとして働いてきたので、自立心が強い傾向にあります。もともと猫は集団行動ではなく単独でハンティングする動物ですが、ブリティッシュショートヘアはその気質がより強いと言えます。なので常に人に甘えていないと駄目という性格ではないので、ある程度放ったらかしにしても平気です。

・穏やか

ネズミ捕りと言うと目をギラギラさせたハンターというイメージをしがちですが、気性が荒いということはありませんしのんびりしています。むしろ、普段から鼻息を荒くして生活していると余計な体力を使ってしまい、いざという時に動けなくなります。人間で言うオン・オフの切り替えが上手な猫で、動かなければいけない時は俊敏に動けます。

・一人遊びできる

ブリティッシュショートヘアは、一人遊びが得意です。一人遊びが得意なので、おもちゃなどを床に置いておけば自分で遊び方を考えて時間を過ごします。ただ、だからと言って飼い主が一切遊んであげないというのは間違いです。人間の手で猫じゃらしなどを動かしてあげると、喜んで遊びます。あくまでも、ある程度放ったらかしても大丈夫という認識で接することが大切です。

・たまに甘えたい

賢くて一人遊びもできるブリティッシュショートヘアですが、たまに甘えたくなる時もあります。長い時間お留守番させてしまったり、忙しい毎日が続いてスキンシップが不足してしまった時などは、意識的に撫でてあげると喜びます。甘えたい時は、近寄って来たり甘えたような鳴き声で鳴くので、これらの反応を飼い主が察知してあげることが大切です。


★猫にベタベタ構いたい飼い主さんには不向き?

猫は非常に可愛いので、常に撫でたり一緒に寝るなどの行動をしたくなるのは飼い主の性だとも言えます。ただ、ベタベタ触るというのは飼い主の勝手な行動に過ぎないので猫の事を第一に考えてあげたいです。ブリティッシュショートヘアはたまに甘えたくなる時もありますが、基本的にドライで一人の時間が好きです。そんな時にベタベタ触ると、猫にストレスが溜まってしまって飼い主さんとの信頼関係が崩壊するかもしれません。スキンシップはほどほどで構わないという考えであれば、合うかもしれません。
以上、ブリティッシュショートヘアの性格について紹介しましたが、やはりネズミ捕りとしての名残が色濃く残っています。見た目の可愛さで猫を選ぶのも良いですが、しっかりと性格も把握したいです。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。