おとなしい性格の猫が好きなあなたへ|どの種類が飼いやすい猫?

ペットとして人気の高い猫には、多種多様な品種があります。その中から自分好みの猫を選ぶ時、どのような基準で決めますか?見た目だけで選んでしまうと、いざ飼い始めた時に思わぬ苦労があるかもしれません。そこで、事前に知っておきたいのが猫の品種による性格です。今回は猫の中でも、おとなしい性格をしている品種を紹介していきます。猫を飼いたいけれど、マンションやアパートに住んでいるから、うるさいと迷惑になってしまう。小さい子どもがいるから、やんちゃな猫だと不安がある。と、悩んでいる方は、ぜひ猫を選ぶ時の参考にしてみてください。
 

★猫の性格は様々

人間と同じで猫にも様々な性格があり、やんちゃで活発な猫もいれば、おとなしくてのんびりとした猫もいます。個々の性格は主に幼少期の生活環境によっても形成されていきますが、遺伝によって生まれながらに見られる性格の傾向があります。品種によって性格が分かれるのは、先祖となる猫の品種から引き継ぐ遺伝子があるからです。この遺伝子による性格の差は、見た目で判断できるものもあるので、事前に知っておけば猫をより選びやすくなる筈です。
 

★短毛種より長毛種がおとなしい

被毛の長さで、猫の性格をおおまかに判断することができます。被毛の長さによって、短毛種・中毛種・長毛種と種類分けされますが、基本的に毛が長い猫の方がおとなしいといわれています。短毛種は運動が大好きで、活発な性格をしている猫が多いです。対して長毛種の猫は、マイペースでおとなしい個体が多いのが特徴です。被毛の長さは品種の特徴として現れますが、品種によっては短毛と長毛の2種類がある場合があります。おとなしい猫を飼いたいのなら、長毛種を選んだ方が良いでしょう。猫全体の数の割合としては、短毛種の方が多いです。
 

★比較的おとなしいと言われる品種の猫

・スコティッシュフォールド

Scottish fold cat

垂れ耳と大きく丸い目が特徴的なスコティッシュフォールドは、人懐っこくて甘えん坊な性格の猫です。初めての人や場所にもすぐに慣れるので、初心者でも飼いやすいといわれています。鳴き声も小さく喧嘩も殆どしないため、静かに飼うことができます。
スコティッシュフォールドには短毛種と長毛種の2種があるので、よりおとなしい性格の個体を選びたい場合は、長毛種を選びましょう。
 

・ラグドール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ぬいぐるみ」という意味の名前を持つラグドールは、抱っこしても暴れない物静かな猫です。猫の中では珍しく従順な性格をしているので、しつけがしやすいといわれています。爪を立てることも少なく、壁や家具がズタズタに傷付けられる心配もあまりありません。また、他の品種と比較すると成長がゆるやかで、成猫になるまで4年ほどかかるのが特徴です。
 

・ボンベイ

Bombay black cat on a white background with a climb up the tail

黒豹のような美しい黒い毛並みが特徴で、見た目は日本の黒猫と似ています。黒豹のような見た目をしていますが、とても甘えん坊で、人と遊ぶことが大好きな猫です。他の特徴としては、賢くて穏やかな性格をしているため、しつけがしやすく、鳴き声も小さいことが挙げられます。
しなやかでスリムな体型ですが筋肉質なので、運動量はそれなりに多めです。比較的おとなしい品種の猫ですが、一緒に遊んであげる必要があります。
 

・ブリティッシュ・ショートヘア

British Shorthair cat lying and looking on white background,isolated

温厚な性格で、人見知りしないのがブリティッシュ・ショートヘアの特徴です。とても古い歴史を持っている猫で、もともとはネズミなどの害獣駆除に役立てられていました。そのため、筋肉質な体型をしていて、たくましい性格をしています。一人遊びが好きで、自分にとって居心地の良い場所を見付けるのも得意なので、手間の掛からない品種の猫といえます。
 
おとなしい性格をしている猫のメリットとして、マンションやアパートでも比較的飼いやすいということが挙げられます。見た目の好みで決めるだけでなく、自分のライフスタイルに合わせて、飼う猫の品種を決めてみてはいかがでしょうか。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。