温泉は愛犬にもリラックス効果あり!?こんなわんちゃんにおすすめ!

1.ワンちゃんって温泉に入れても大丈夫?

近年になって、犬専用の温泉が各地に見られるようになりました。基本的に温泉は人間が利用するものなので大丈夫なのか不安になります。人間のエゴで作られて、犬の健康面が考えられていないのだとしたら非常に怖いです。 ただ、その心配は必要無く犬を温泉に入れても全く問題はありません。問題が無いどころか、犬に多くのメリットをもたらすことが分かっているのです。

(1)リラックス効果がある

まずは人間と同じように精神的なリラックス効果が認められているので、ストレス解消に有効です。これは感覚的なことではなく、とある実験結果により実際にストレスが解消していることが判明したのです。 実験方法は約38℃のぬる湯に浸かり、唾液中に含まれるアミラーゼの数値を調べてストレス度を測定するというものです。その結果、入浴する前と入浴した後でストレスの度合いが明らかに入浴後の方が低かったのです。 犬にとって温泉入浴というものは全くイレギュラーなことで不安に思われる飼い主も多いですが、心配は無用なことが分かりました。

(2)自然治癒力を引き出す効果がある

本来持っている自然治癒力を引き出してくれることも分かっています。 人間と同じように犬も温泉に浸かると体温が上昇し、入浴が終わった後もしばらく体温が高い状態が続いているのです。 温泉に入った後のポカポカとした極楽の時間は、人間だけでなく犬も感じていることになります。体温が高いということは血行が良くなっているということで、血行が良くなるのは犬の健康維持にとって重要なことです。 温泉に入ることで、更に健康体に近づくと言っても過言ではありません。

(3)適切な入浴が必須!

ただ、温泉で健康体になるのは適切な入浴をした場合に限ります。例えば飼い主が勝手に、熱い湯に入って汗を出した方が健康的などという考えで無理矢理に熱い湯に入れてしまうと犬の皮膚に悪影響を及ぼします。 皮膚だけでなく、飼い主に無理矢理熱い湯に入れられて辛い思いをすることで精神的にストレスが溜まってしまいます。 犬が温泉に入ることによるメリットが実証されているのは、あくまで約38℃のぬる湯に入った時だけであるということを忘れてはいけません。

2.温泉はこんなワンちゃんにオススメ

健康的に何も問題無い犬を温泉に入れても大丈夫ですが、積極的に温泉に入れたい場合もあります。

(1)たくさん運動させた後のワンちゃんにおすすめ

まず、たくさん動き回った後の犬は温泉入浴をおすすめします。 人間もスポーツをした後に疲労を温泉で癒すものですが、犬も同様に筋肉痛などの痛みを和らげることができるのでおすすめです。 老廃物を適切に排出して、筋肉のケアに繋がるのでたくさん運動させた後はぜひ温泉に入れてあげたいものです。

(2)シニア犬や関節痛みに悩むワンちゃんにおすすめ

つぎに、老犬など関節痛に悩む犬も温泉入浴が有効です。思うように関節を動かせない場合は、患部を温めてあげることで動かすのが楽になります。 ですので、関節痛で思うように歩けない犬でも、温泉を利用することでスムーズに歩けるようになる可能性があります。 ただ、一度や二度温泉に入れただけでは良くならないので継続的に入浴させることが大切です。

(3)皮膚疾患に悩むワンちゃんにおすすめ

また、皮膚疾患の犬も温泉が有効です。温泉には様々な成分が含有されており、特に高アルカリの温泉や炭酸水素塩泉などは入浴するだけで皮膚の余分な脂や汚れを落とすことができます。 故に皮膚に炎症をもたらすような菌などを流すことができ、皮膚を清潔に保つことができるのでトラブルを減らすことができます。酸性泉も皮膚のトラブルに有効ですが、犬の入浴となると刺激が強すぎる可能性があるので避けたいです。

3.温泉を利用する前のマナー

犬を温泉に入れる時は、狂犬病などのワクチンを確実に受けていることはもちろん、最初に足の泥を落とすなど他の犬への配慮が必要です。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。