夜しか犬の散歩ができない人へ!犬用散歩ライトを準備しよう

飼い主さんの仕事の都合で夜しか散歩ができない方や、夏場の暑い時間帯は夜しか散歩をしない方も多いと思います。そんな夜の散歩。暑い時期には快適な反面、自動車や自転車とのすれ違い事故や犬の怪我や誤飲など、多くの危険も伴います。

今回はそんな夜の散歩で必携してほしい「犬用散歩ライト」についてご紹介します。危険な夜の散歩ではしっかりと対策をして、愛犬を危険から守ってあげてくださいね。

■1.犬用散歩ライトとは?

車や自転車を運転する方は知っていると思いますが、夜間は外で人や動物が歩いていてもぎりぎりまで気付かないものです。ぶつかりそうになってヒヤッとした経験がある方も多いのではないでしょうか。
人間だけの散歩よりもさらに注意したいのが犬との散歩です。

散歩している歩行者は見えていても、リードの先にいる犬が見えずに「犬だけ事故にあう」といったケースもあります。犬と人間の間にあるリードに気づかずに、自転車が通り抜けようとして引っ掛かり転倒。怪我をさせてしまったという事例も発生しています。

また、足元が見えづらい夜間には事故だけでなく、犬の「拾い食い」や、落ちているガラス片などの危険物で犬が「手足のケガ」を負う恐れもあります。
そんな夜間の愛犬との散歩で大切なのが、いかに歩行者と犬が「運転手=他者に視覚されるか」「飼い主さんから犬の足元が見えるか」の2点です。これらの問題を解決するために飼い主さんに携帯してほしいのが「犬用散歩ライト」なのです。

■2.犬用散歩ライトを使うメリット

犬用散歩ライトでは、主に以下のタイプが主流です。
・犬の首輪やハーネスに埋め込まれたLEDが発光するタイプ
・首輪やハーネス、散歩袋に吊り下げるキーホルダータイプ

「他者から視覚されるため」の用途としては、特に一つ目の犬の存在を直接的にアピールできるタイプをおすすめします。犬の存在を目立たせることで事故を未然に防ぐことが可能です。

「飼い主さんの視界を確保するため」の用途としては、汎用性の高い2つ目のタイプをおすすめします。首輪やハーネスなど気になる場所へ取り付けることで、足元や愛犬の口元を照らすことで誤飲や怪我の防止に使うことができます。
なお、いずれの商品を選ぶにしても発光力がしっかりと強いものを選びましょう。

■3.犬用散歩ライトを使うデメリット

ライトを持つことでのデメリットは、ファッション性を気にする方は目立つ装飾が気になってしまうことくらいでしょうか。それも命には代えられないことなので、しっかりと携帯したいものです。
事故にあってからでは遅いので、夜だけと割り切って、思い切り目立つタイプのものを身に着けることを強くおすすめします。
なお、犬の体に直接身に着けさせる商品については、火傷の恐れもあるため発熱しないLEDタイプのものを選びましょう。

■4.犬用散歩ライトの相場

・犬の首輪やハーネスに埋め込まれたLEDが発光するタイプ
首輪のタイプは1,500円台~、ハーネスのタイプは2,500円台~が相場です。反射板がついているタイプもありますが、これらは光が当たった場合のみしか視覚されないため、しっかりと発光するタイプを選択することをおすすめします。

・首輪やハーネス、散歩袋に吊り下げるキーホルダータイプ

キーホルダータイプは300円台~発売されています。こちらのタイプも発光力が強いものを選択し、複数個ぶら下げて使用してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

夜間の散歩はちょっとした工夫で安全に過ごすことができます。散歩する飼い主さん自身も懐中電灯やヘッドライトを携帯し、存在をアピールしましょう。愛犬とおそろいのキーホルダータイプを腰に取り付けるのもおすすめです。

未然の対策で防ぐことができる散歩中の事故。飼い主さんの対策で自分の命も、愛犬の命もしっかりと守りましょう。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。