小型とは違った魅力にある!中型犬の人気種類ランキングベスト10

自分と相性のいい犬を飼いたいけれど、どのような犬種を選べばよいのか、種類が多くて迷う場合が多いかもしれません。そこで、中型犬の人気ランキングとそれぞれの犬の特徴について詳細にわたってご紹介します。

■中型犬を飼う魅力とは

中型犬を飼う魅力は、どんなところにあるのでしょうか。中型犬は、犬種のバリエーションが豊富で選択肢が多いため、飼い主が自分の好みや事情に合わせて選べるというところが大きな魅力の一つです。
また、同じ犬種であっても個体差が大きく、穏やかな性格の犬もいれば気が強く勝気な犬もいるといった具合で、飼うことになって初めて知るその犬の一面に驚かされるという楽しみもあるのではないでしょうか。

また、中型犬の場合、その多くは散歩や屋外での運動を豊富にこなす必要があるかもしれません。その意味では、飼い主は、自らの体力や健康について見直しを余儀なくされるケースも当然出てきます。
しかし、覚悟を決めて犬を飼うことは、自分の体を健康に保ち体力を増進させるよい動機になり、結果的に健康体を維持できるとすれば、飼い主にとっても大きなメリットを得ることになるはずです。

■中型犬の人気種類ランキング

以下に、中型犬の人気種類ランキングをそれぞれの犬種の特徴と共に解説します。

①日本人にはやっぱり?柴犬


日本犬は、日本の天然記念物とされていますが、その日本犬の中でも、一番人気の中型犬が柴犬です。その人気はトイプードル(小型犬)にも引けを取らないといわれています。主人と認めた人間には忠実ですが、他者には警戒心が強いことから番犬に適した犬種と言えます。被毛の色は、白や赤、胡麻などバリエーションが豊富で好きな被毛色の個体を選べる楽しさがあります。

元は狩猟犬として活躍していて、かつては、室外で飼われる場合が多かった柴犬ですが、ここ最近は、室内飼いされることが多くなったと言われています。元来、歩くことが好きな犬種なので、散歩は長めの時間割いてあげるとよいでしょう。

②スヌーピーのモデル犬ビーグル

Beagle puppy lying in front of white background

ビーグルは中型犬としては小型ですが、狩猟犬として活躍し、スヌーピーのモデルとして有名な人気の犬種です。
人なつっこく、遊びや冒険が大好きです。それは好奇心が旺盛な性格に起因しています。
しつけについては少し難しいところはありますが、物おじすることなく人の子供に懐く気質で人間と一緒に生活できる資質が高いため、ペット犬として最適な犬種の一つと言えます。

③シェルティ

Longhaired shetland sheepdog seen from the side lying down on the floor facing the camera on a white background

シェルティは元来牧羊犬として活躍し、羊などの家畜の面倒をみることが得意な犬種です。外観はコリー犬に似ています。牧羊犬としての役割上、よく吠えますが、飼い主には忠実でとても温厚な性格をしていて飼いやすいと評判の犬種です。

④ウィペット

Whippet puppy posing in on a white background

ウィペットは首が長く細く引き締まった胴体が特徴的で、においが少ないためマンションで飼う人も多い最近人気の犬種です。
骨が細いため骨折しないような配慮が必要で、また、寒さに弱く冬場は風邪には要注意です。
飼い主に従順でしつけがしやすい犬種ですが、さみしがりやで感受性が豊かな面があります。脚が長いためか、走るスピードは非常に速く、時速80kmを超えるともいわれています。

⑤ボーダーコリー


ボーダーコリーは知能が高く、世界でもトップクラスとされています。元来、運動能力が高く元は牧羊犬でトナカイ狩りで活躍していた犬種の子孫ではないかと言われています。
運動神経が発達していることから、訓練を施され種々の競技会に出場することが多い犬種です。飼い主が運動好きであれば、よいパートナーになってくれるかもしれません。
長毛種なので、日々のブラッシングは不可欠です。

⑥アメリカンコッカースパニエル


アメリカンコッカースパニエルは、顔立ちが知的で被毛が長いのが特徴的です。
外観は、筋肉質な体躯に滑らかで優美な長毛を纏い、飼い主には従順で活発な性格を持ち、愛好家からの人気も高い犬種です。
さびしがり屋で人なつっこい性格のため、飼い主は一緒に過ごす時間を多く取ってあげることをおすすめします。

⑦北海道犬


北海道犬は、某携帯電話会社のテレビCMで起用されるようになり、急に人気が出た犬種です。
元来、狩猟犬で粗食にも耐えクマにも果敢に立ち向かう勇猛さを備えるなど我慢強く、また自分が主人と認めた人間には忠実に従う犬種です。
被毛は白や黒、赤などバリエーションが豊富で好みの色で個体を選ぶことができます。一見、柴犬に似ていますが、柴犬よりも大きく被毛も長いのが特徴です。

⑧イングリッシュコッカースパニエル

Red English Cocker Spaniel on a autumn garden

イングリッシュコッカースパニエルは、元来猟犬で、動き回るのを好み、日々の散歩は欠かせません。
しかも、運動量がたっぷり必要なため散歩の時間を十分に確保することが大切です。
飼い主に従順で社交的な性格であり、家庭犬としての資質を十分備えていると言われています。長毛種であるため、日々のブラッシングは必須です。

⑨甲斐犬


天然記念物にも指定されている甲斐犬ですが、狐のように長い鼻口部(マズル)が特徴的な日本原産の犬種です。
元来、狩猟犬として南アルプスの山麓近辺で活躍していました。
運動神経が発達していて判断能力も優れているその特性を活かし、狩猟犬として要求される能力を如何なく発揮しました。気が強い性格ですが、飼い主には忠実で番犬として適した犬種の一つと言えます。

⑩バセットハウンド

Happy dog photographed in the studio on a white background

バセットハウンドは、長く垂れ下がった耳と長い胴、短い脚が特徴的で、アメリカのドラマ、「刑事コロンボ」でコロンボ刑事が飼っていた犬種としても有名です。
愛情深く優しい性格で、初めて犬を飼う人にとっても飼いやすい犬種と言えます。元来、猟犬で嗅覚に優れ獲物の追跡に向いている犬種として知られています。
スタミナがあり肥満しやすい体質なので、30分以上の散歩を日に2回する必要があると言われていますが、歩くスピードがゆったりしているので、ゆっくり散歩したい人には向いた犬種と言えるでしょう。

■まとめ

小型犬に比較して、中型犬はスタミナがあって力強く1日に必要な運動量も多くなるため、飼い主は一緒に遊んでやる時間や散歩に必要な時間をしっかりと確保することが大切です。また、力が強いので興奮して万が一にも他人に危害を及ぼすことがないように、十分にしつける必要があります。

飼い主は、犬の特性や性格を十分に把握したうえで、その犬種にあった方法でトレーニングすることをおすすめします。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。