【獣医師監修】愛犬のダイエットにぴったりなお野菜はコレ!

1.愛犬のダイエット方法について

ダイエットといえば真っ先に「運動」という言葉が思い浮かぶかもしれませんが、犬にとっての適切なダイエット法は主に食事療法です。運動はプラスアルファと考えたほうがいいでしょう。 愛犬が太ってしまう原因の多くは運動不足ではなく、カロリーの過剰摂取にあります。太らない食生活をメインに考えて、体重を落としていくことが大切です。 基本的なポイントは以下の通りになります。

・人間の食べるものは与えない。(塩分や脂肪分が多く健康にもよくありません)
・フードの量を現体重ではなく、目標体重に合わせる。可能であればダイエット専用フードに切り替える。
・おやつは極力控える、どうしても欲しがる場合は低カロリーなもの、または野菜やフルーツに変える。

(1)野菜を上手く利用する

ダイエットのためにフードの量を減らした場合に、そのことに納得してくれる犬は少ないと思います。もっともっと!と欲しがる場合には野菜でかさ増しをしてあげるとよいでしょう。 野菜は適切な方法で与えれば、健康にいい栄養のある食事になります。

(2)野菜を与える際に注意すること

野菜を与えるときに気をつけなければいけないことは、種・茎・皮・芯をしっかり取り除いておくことです。与える野菜も小さく刻んで与えましょう。 消化不良や飲み込んだ際に喉に引っかかってしまうことを避けるためです。野菜はできるだけゆでて柔らかくしたものをあげましょう。そのままあげてしまうと下痢嘔吐を引き起こすことがあります。

(3)与えてはいけない野菜

ご存知の方も多いと思いますが、犬に与えてはいけない野菜も多くあります。ネギ類(玉ねぎ、長ネギ、ニラ)、にんにく、アボガド、トマト、じゃがいもの芽などです。そのほか与えすぎるとよくない野菜(イモ類、ほうれんそう、キャベツ)もあります。

2.ダイエットにオススメの野菜をご紹介

愛犬のダイエットにぴったりなお野菜

レタス

食物繊維とビタミンが豊富で、ダイエットに適している野菜です。

白菜

秀でた栄養素はないですが、まんべんなくすべての栄養素がバランスよく含まれています。食物繊維と水分が多く含まれているので、水分補給、老廃物の排泄もいいでしょう。

きゅうり

カロリーがほとんどなく、塩分や脂質も低いので、ダイエットに適した食材です。ミネラルも含まれています。適度な噛み応えと水分量で満腹感をアップさせます。 夏には水分補給もできる野菜としておやつにおすすめです。

いくつか野菜をあげましたが、いずれも与えすぎるとおなかを壊してしまう可能性があります。また体質によっては合わない犬もいると思いますので、初めて与えるときには少量ずつ与えるようにし、体調に変化がないかチェックしてあげてください。