猫が留守番中電気はつけておく?エアコンは?もう迷わない猫のための電気

猫を飼っていて、お留守番の時間が長いと、いろいろと気がかりなことがありますよね。
寂しくないかな? 暑くないかな? 暗くて怖くないかな? 何が音楽をかけておく方が落ち着くのかな?などなど、どうしても自分の感覚で考えてしまいます。
猫ちゃんの気持ちはどうなのでしょう?

★猫のために部屋の明かりはつけておかなくてOK

猫は夜行性の生き物ですから、人間とちがって、暗闇でも目が見えるんです。
私たち人間がちょっと暗く感じるぐらいが、猫にとってはちょうどよい明るさだと、よく言われます。
もちろん、日光浴も大好きですから、日中は窓際でたっぷりと太陽の光を浴びて、気持ちよさそうに寝ていますね。
でも、明るいのが好きとか、明るくないと怖いということではありません。
むしろ、日中は明るくて夜は暗いという、自然な状態で過ごす方が体のリズムが壊れません。
また、猫は一日の半分以上を寝て過ごします。
お留守番の時間が毎日同じようなリズムだと、猫もリズムを覚えていて、飼い主さんが帰宅するまでは眠っていることが多いです。
ですから、明かりがついていると逆に落ち着いて眠れません。
猫のためには、灯りは消しておく方がいいです。

★夏のエアコンや扇風機は必要!

猫はもともと砂漠で暮らしていた生き物ですから、暑さには強いと言われていますが、夏場の閉め切った室内では注意が必要です。
真夏の閉め切った室内でエアコンを付けていないと、日中の室温は30度以上です。猛暑日だと40度近くまであがります。
これではさすがの猫でも夏バテや熱中症をおこしてしまいます。
キンキンに冷やす必要はありませんが、28度ぐらいの温度設定でエアコンをかけてあげましょう。
ただし、直接体にエアコンの風があたり続けたり、あまり冷やし過ぎるのもよくないので、風向きと設定温度には注意が必要です。
エアコンがないようでしたら、せめて扇風機を付けておいてあげましょう。室内の空気を動かすだけでも熱中症の予防に効果があります。

★猫のために音楽をかけてあげるべき?

猫カフェなどに行くと、穏やかなヒーリングミュージックをかけているところが多くありますよね。
猫は音楽があると落ち着くのかな? とついつい思ってしまいます。
あの音楽は、おそらく、猫ではなく人間のお客様がくつろげるようにかけられているものでしょう。
猫はとっても耳がいいので、小さな物音にも敏感に反応します。一日中音楽が流れていると、逆に落ち着きません。
留守番中はほとんど眠っていますから、できるだけ静かな方が落ち着いて眠ることができます。

【番外編】夏にはこんなお布団が最適!

夏の暑さ対策に、たくさんのグッズがありますが、特に人気があるのが「クールベッド」です。
一日中エアコンを付けっぱなしにしておくて、体が冷えすぎて体調を崩してしまう猫もいます。

接触冷感タイプのクールベッドがあると、エアコンをつけていなくても、ある程度の暑さをしのぐことができます。
猫はふかふかしたお布団で寝るのが好きですから、ふかふかでひんやりしているお布団があると、とっても気持ちよくお昼寝ができますよね。
猫の気分次第で、冷えすぎたら別の場所に移動もできます。
夏の暑さ対策には、最優先で準備してあげたいグッズです。

猫を飼っていて、お留守番の時間が長いと、いろいろと気がかりなことがありますよね。
寂しくないかな? 暑くないかな? 暗くて怖くないかな? 何が音楽をかけておく方が落ち着くのかな?などなど、どうしても自分の感覚で考えてしまいます。
猫ちゃんの気持ちはどうなのでしょう?

★猫のために部屋の明かりはつけておかなくてOK

猫は夜行性の生き物ですから、人間とちがって、暗闇でも目が見えるんです。
私たち人間がちょっと暗く感じるぐらいが、猫にとってはちょうどよい明るさだと、よく言われます。
もちろん、日光浴も大好きですから、日中は窓際でたっぷりと太陽の光を浴びて、気持ちよさそうに寝ていますね。
でも、明るいのが好きとか、明るくないと怖いということではありません。
むしろ、日中は明るくて夜は暗いという、自然な状態で過ごす方が体のリズムが壊れません。
また、猫は一日の半分以上を寝て過ごします。
お留守番の時間が毎日同じようなリズムだと、猫もリズムを覚えていて、飼い主さんが帰宅するまでは眠っていることが多いです。
ですから、明かりがついていると逆に落ち着いて眠れません。
猫のためには、灯りは消しておく方がいいです。

★夏のエアコンや扇風機は必要!

猫はもともと砂漠で暮らしていた生き物ですから、暑さには強いと言われていますが、夏場の閉め切った室内では注意が必要です。
真夏の閉め切った室内でエアコンを付けていないと、日中の室温は30度以上です。猛暑日だと40度近くまであがります。
これではさすがの猫でも夏バテや熱中症をおこしてしまいます。
キンキンに冷やす必要はありませんが、28度ぐらいの温度設定でエアコンをかけてあげましょう。
ただし、直接体にエアコンの風があたり続けたり、あまり冷やし過ぎるのもよくないので、風向きと設定温度には注意が必要です。
エアコンがないようでしたら、せめて扇風機を付けておいてあげましょう。室内の空気を動かすだけでも熱中症の予防に効果があります。

★猫のために音楽をかけてあげるべき?

猫カフェなどに行くと、穏やかなヒーリングミュージックをかけているところが多くありますよね。
猫は音楽があると落ち着くのかな? とついつい思ってしまいます。
あの音楽は、おそらく、猫ではなく人間のお客様がくつろげるようにかけられているものでしょう。
猫はとっても耳がいいので、小さな物音にも敏感に反応します。一日中音楽が流れていると、逆に落ち着きません。
留守番中はほとんど眠っていますから、できるだけ静かな方が落ち着いて眠ることができます。

【番外編】夏にはこんなお布団が最適!

夏の暑さ対策に、たくさんのグッズがありますが、特に人気があるのが「クールベッド」です。
一日中エアコンを付けっぱなしにしておくて、体が冷えすぎて体調を崩してしまう猫もいます。
接触冷感タイプのクールベッドがあると、エアコンをつけていなくても、ある程度の暑さをしのぐことができます。
猫はふかふかしたお布団で寝るのが好きですから、ふかふかでひんやりしているお布団があると、とっても気持ちよくお昼寝ができますよね。
猫の気分次第で、冷えすぎたら別の場所に移動もできます。
夏の暑さ対策には、最優先で準備してあげたいグッズです。

まとめ

お留守番をする猫のための電気の使い方で悩んでいる方も多いようですが、猫に必要なものと、逆に使わない方がいいものがあります。
欠かせないのは、暑さや寒さなどの温度管理用の電気です。
明かりや音楽は、むしろ猫にはうれしくないものですから、必要ありません。
そして、暑さや寒さ対策に役立つグッズはたくさんあります。グッズをうまく活用することで、電気の使用を最小限におさえることができますよ。
お留守番をする猫のための電気の使い方で悩んでいる方も多いようですが、猫に必要なものと、逆に使わない方がいいものがあります。
欠かせないのは、暑さや寒さなどの温度管理用の電気です。
明かりや音楽は、むしろ猫にはうれしくないものですから、必要ありません。
そして、暑さや寒さ対策に役立つグッズはたくさんあります。グッズをうまく活用することで、電気の使用を最小限におさえることができますよ。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。