猫の食事は年齢・体重で適正量をあげよう|子猫と成猫で食事はこう変わる

かわいい猫ちゃんと一緒に暮らす飼い主さん、これから飼ってみたいと考えている皆さん、猫ちゃんに普段あげるごはんやおやつをどれぐらいの量にしたらいいか知っていますか?
いくらかわいいからって猫ちゃんの欲しがるまま与えては、肥満や下痢の原因になってしまいます。今まで意識していなかった方は、ぜひ猫ちゃんに与えるごはんの適正量を知り、その範囲で与えることで猫ちゃんの健康を守りましょう。
 

★猫の食事の量は年齢と体重で違います

猫ちゃんは人間よりもずいぶん早く成長します。見た目は可愛いままでも、どんどん歳をとっていき、それに伴って必要な食事量や与え方が変化していきます。人間でも、高校生の時とおじいちゃんの時では、全然違うものを違う量食べますよね。
また、猫ちゃんの体型や体重によって運動量や代謝が違うので状況によって食事量を調整する必要があります。猫ちゃん一匹一匹それぞれ年齢や体重が違うため、必要なカロリーは全然違うのです。他の飼い主さんと同じというわけにはいきません。
では次に、実際どのぐらいの食事量が必要なのか具体的にみていきましょう。
 

★猫の食事の適正量

具体的な食事量の目安がこちらの表になります。
体重1kgに対して70~80kcalが目安となりますが、そこからさらに年齢によって変動し、与える回数も違います。
子猫の場合は良く動き回り、成長分もあるため体重よりも多めのごはんをあげる必要があります。生まれたての子猫はまだ胃が小さく、一度に食べられる量が少ないので3~4時間ごとにミルクをあげます。離乳食を食べるようになってからも食事回数は3~4回とわけてあげます。
成猫になれば一回の食事量も増え、2~3回で適正量を食べられるようになります。このころは必要以上の量欲しがることは少なく、肥満のリスクも低くて済みますが、油断は禁物です。
高齢の猫ちゃんの場合も食欲が減り、運動量も減るため体重を目安にしたより少なめの食事量となります。一度に食べられる量も個体差がでてきます、食べられるからと言って若いころと同じぐらいあげてしまうと肥満のリスクが高まります。あまり食べられない子には子猫の時のように、4回程にわけてあげましょう。
太ってしまった猫ちゃんも食べ過ぎないよう適正量を3~4回にわけて与え、ダイエットをサポートしましょう。小分けにすると脂肪がつくのを抑えられます。
 

★子猫は何歳まで?成猫は何歳から?

子猫や高齢猫の食事量や与え方が変わるのは分かったけれど、人間より成長の速い猫ちゃんは、何歳ぐらいまで子猫と言えるのでしょうか。
猫ちゃんは生まれて約1年間が子猫と言え、あっという間に大人になり、1歳から成猫となります。フードもミルクから離乳食、そして成猫用フードに変えていきます。
そして7歳になれば人間でいう44歳、高齢期に入り、ごはんもシニア用フードに変え肥満に注意します。それ以降、歯や毛艶など衰えが目に見えはじめ、病気にもなりやすくなります。寝たきりにならないように、適切な食事と運動をとることが必要です。
最近は医療や安全なフードも充実し、猫ちゃんの寿命が延びています。20歳を超え、人間でいう100歳に近づく猫ちゃんもいます。ボケの症状がでて、何度もごはんを要求したり、食べているのにやせてしまったりする場合もあります。動物病院などと相談し、食事や運動、健康診断など適切なケアをし、家族の一員である猫ちゃんに少しでも長く健康でいてもらいましょう。
 

★こまめに体重を測ってあげよう

どんどん成長する猫ちゃんの現在の適切な食事量を知るため、猫ちゃんの体重はこまめに測る必要があります。
しかし、いざ体重を測ろうと猫ちゃんを体重計に乗せてみても大暴れしてしまって正確に測れない場合も多いでしょう。
そんな時は、猫ちゃんを抱っこして飼い主さんが体重計に乗って値を記録し、その後一人で乗ってその値を引けば猫ちゃんの体重を知ることができます。
他にも猫ちゃんが大好きなレジ袋に入っている隙に、吊りはかりで測るという方法もあります。
小さな子猫の場合は、キッチン用のデジタルはかりで測れます。こちらも中々じっとしてくれないため、ミルクなどを少量たらし、猫ちゃんが舐めたり臭いをかいだりしている隙に測りましょう。
他にも猫ちゃんの性格によって攻略法はきっとあります。猫ちゃんとのスキンシップを楽しみながら、創意工夫し、楽しく体重を測ってあげましょう。
 

★【番外編】猫も大好き!無添加国産の枕崎シリーズ

猫ちゃんの中にはグルメな子もいて、気に入らないごはんは食べてくれないことがあります。そんな時おすすめなのが無添加国産の枕崎シリーズです。もちろん猫ちゃん用に作ってありますが、使われている枕崎産のカツオで作られた鰹節は人間のものでも高級品です。いつものご飯にプラスするだけで贅沢なご飯にすることができるので、きっとグルメな猫ちゃんも満足してくれるでしょう。
記念日やお祝い事、猫ちゃんとリッチに過ごしたい時、ペット仲間へのちょっとしたプレゼントなどにも最適のおやつです。


『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。