【獣医師監修】気をつけたい猫の皮膚の病気|こんな兆候があったら要注意!ノミダニ対策

猫を飼う上で注意しておきたいのが、様々な病気を発症しないようにすることです。特に皮膚の病気は飼い主が皮膚の状態をチェックして、猫のいつもと違うしぐさを見極めたりする必要性があるので、十分なスキンシップを取ることが大切です。

★赤く点々とした発疹がある皮膚

猫がしきりに耳の後ろを後ろ足で掻いたり、しっぽの付け根を噛んだりする場合、そこには皮膚トラブルが隠されている可能性が高いので皮膚の状態を確認してあげましょう。皮膚に赤みや発疹がある場合、ノミやダニが原因の可能性があります。1匹でもノミやダニが見つかった場合はかなりの数が潜伏しているので対策が必要です。また、ノミやダニがみつからなくても、毛をかき分けた時に、皮膚の付近に黒い砂のようなものが見られたら、ノミのフンかもしれません。フンがあるということは、ノミが寄生しているということです。

室内飼いをしている猫ならそこまでノミやダニが付く心配はありませんが、猫をもらってきた時や、散歩した時についていたりとちょっとしたことで寄生されてしまうので油断は禁物です。もしもネコをもらう時にはノミやダニがいないかよく調べましょう。他にも散歩から帰ってきた時や外にいるネコと接触していた時など、何らかの理由で外に出た場合は帰ってきたら耳の後ろなどにノミやダニがついていないか確認することが大切です。

★炎症やただれがある皮膚

猫は自分の皮膚にただれや炎症が起こっていると、その部位をしきりに舐めてなんとかしようとします。しかし、逆効果になることもあるので早めに動物病院を受診しましょう。

★毛が抜けたりフケが出る場合も

抜け毛が多かったりフケが出たりする場合は、それは細菌やカビが原因であることが考えられます。猫の毛穴から細菌やカビが侵入してしまい、それが元で膿皮症という症状を引き起こしてしまう恐れがあります。最初のうちはニキビのようなものが出るだけですが、症状がひどくなるとやがてかゆみが出てきてしまい、そのせいで猫がかゆいところをかきむしってしまうのです。そうなるとフケが出てくるだけでなく、かゆいのを抑える為に猫がかゆい部位を舐めることで逆に抜け毛がひどくなるので注意が必要です。
また、皮膚糸状菌症による症状で円形に毛が抜けることもあります。これは真菌というカビの一種が顔や耳、四肢などに感染してしまい、抜け毛を引き起こしてしまうのです。それほどかゆみはないものの、人に感染する恐れもあるので注意しましょう。この症状は皮膚糸状菌に感染している猫との接触によって起こるもので、飼い猫の免疫力が低下してるほど引き起こしやすくなります。
それ以外にもツメダニによるものやニキビダニによるもの、さらに日光皮膚炎による症状が挙げられます。
ツメダニ症によるものの場合、あまりかゆみがなく、抜け毛はもちろん頭や背中に大量のフケが出てきます。ニキビダニ症の場合だと顔や頭、首の周辺に抜け毛やフケが確認出来ます。そして日光皮膚炎は毛の薄いところにかゆみやフケなどの症状が現れます。特に白い猫や白いところが多い猫ほど日光皮膚炎になりやすいので注意が必要です。

★まずは動物病院へ

どの症状もきちんと対策が出来るものばかりですが、症状が確認出来た場合は直ちに動物病院へ連れていきましょう。市販の薬で治療することも出来ますが、市販薬を使用するよりも動物病院に連れていって診てもらいましょう。症状を発見次第近くの動物病院へ連れていくのが得策です。

★日ごろできるノミダニ対策

皮膚の病気の原因となるノミやダニを防ぐ為にも、常日頃から出来る予防対策を行う必要性があります。手軽に出来る方法として挙げられるのが、草むらに行かないこと、掃除をする、予防剤を使用することの3つです。
草むらには猫だけでなく人にも害を及ぼすマダニがいます。マダニ以外にも様々なノミやダニが生息している為、いくら予防していても草むらを散歩すれば再び寄生されてしまう恐れがあります。よって散歩する際には草むらに入らないのはもちろん草むらに近づかないようにしましょう。
また、猫に寄生したノミやダニは家の中の暖かい場所で繁殖や孵化をし始めます。そうなるとあっという間にノミやダニの数が増大してしまい、さらに被害が大きくなります。やがて一匹だけに寄生していたのが他の猫にも寄生してしまい、猫だけでなく飼い主も同様の被害に遭う恐れがあるでしょう。そうならない為にもしっかりと家中を掃除することが大切です。特に床や絨毯などの暖かいところや猫の寝床も洗濯したり新しいものに変えたりする必要性があります。
さらにノミやダニの繁殖を防ぐ為に発育予防剤を使用する方法があります。発育予防剤には様々な種類がある為、猫に合った予防剤を使用することでノミやダニの繁殖を防ぐことが出来ます。

★まとめ

最初にノミやダニなどを初めとする様々な対策や予防策を心がけるに越したことはありませんが、それでも症状を引き起こしてしまうこともあるでしょう。大事な猫の為にも、事前に動物病院を探す必要性があります。そこでお勧め出来るのが、EPRAKペットライフという検索サイトです。こちらのサイトでは自分が住んでいる近くの動物病院などを簡単に見つけられる他、その場で予約することも出来るので非常に便利です。

麻布大学獣医学科卒

「家族に寄り添ったオーダーメイドの医療」を提案、推進することを主体としたサービスとして、2017年春より「動物往診+在宅ケアサービス にくきゅう」を始動。

飼い主の話を聞くことで問題の本質を見極め、未病の段階でのケア、食事や日常の生活のアドバイスなどを行うことで、飼い主と二人三脚で行う医療を提供している。

 

▶監修医のプロフィールはこちら