猫の多頭飼いを考えている方へ その問題点をご提案します

猫を飼ったは良いものの、急に忙しくなったりして遊び相手になれないことがあります。通常であれば一緒におもちゃで遊んであげたり、ずっと側に居てあげて猫を安心させるのが飼い主の役目ですが、遊び相手になってあげられず、猫のストレスが溜まっているのではないかと不安になっている方に、どのような対処法があるのか紹介していきます。

★一人暮らしで猫を飼っている人は結構多い

そもそも一人暮らしで猫を飼うと、仕事や遊びに行く時は必然的に猫がお留守番することになります。なので最初から猫を飼うべきではないという考えもありますが、実は一人暮らしでも猫を飼っている人は多いのです。猫は犬と違って大きな鳴き声ではないですし、毛づくろいなども自分で行うので飼いやすいからです。何より一人暮らしの寂しさを解消してくれる猫の存在は、まさに家族同然です。なので、長期出張が頻繁にあるなど特殊な生活習慣でない限り猫を飼うことをためらう必要はありません。

★多頭飼いという選択肢

・賛成派の意見

遊び相手になれないことを解消する手段の一つとして多頭飼いという選択肢があります。その多頭飼いをポジティブに考えると、まずは猫同士で勝手に遊ぶことができるのでストレスが解消されるということです。遊ぶという行為は人間でも猫でも重要で、心身の健康状態に大きく作用します。動き回ることで運動不足解消にもなるので、生活習慣病も予防することができます。また、複数の猫に囲まれる生活というのは飼い主にも大きな幸福感をもたらします。

・反対派の意見

もちろん多頭飼いにはポジティブな面だけでなくネガティブな面もあり、この部分もしっかりと見て総合的に考えないといけません。猫は基本的に単独行動をして獲物を狩るという生活スタイルなので、テリトリーを大切にします。ですので飼い主の知識不足で寝床を同じ場所に作ってしまうと、猫にとっては落ち着けずストレスが溜まります。単に猫が複数居て可愛いという安易な理由で多頭飼いしてしまうと、結局不利益を被るのは猫側だということを忘れてはいけません。

★多頭飼いする場合に気を付けたい事とは

・猫同士の相性

正しい知識を身に付けた上で多頭飼いするのであれば、それは問題のないことです。気を付けたいのはまず猫の相性で、相性が悪いと喧嘩が発生してどちらかが大怪我する可能性があります。今飼っている猫が、臆病な性格であれば新しい猫を受け入れるのに相当苦労すると思った方が良いです。元が野良猫という場合は飼い主にさえも心を許していないということもあるので、そんな状況では多頭飼いは難しいと思われます。飼っている猫の性格を知るためには友人やご近所の猫と一回対面させてみて、どのようなリアクションをとるか確認してみるのも良いです。もし意を決して多頭飼いし、お互いに敵意を示す場合は必ず隔離して様子を見ます。

・猫達の月齢

多頭飼いするのにベストな条件は、猫同士がまだ小さい内から一緒に飼うことです。小さい内から一緒に飼うと、お互いに仲間なのだという認識の中で育つのである日急に喧嘩をするということはほとんどありません。ジャレて怪我をすることはあるかもしれませんが、深刻な問題は発生しません。なので、将来的に猫が孤独になってしまうことが想定されるのであれば最初から多頭飼いするのも一つの手段です。今飼っている猫がある程度大きくなってから新たな猫を迎える場合も、あまりにも年齢が離れていると遊び相手になれないので注意が必要です。

・費用の問題

トイレ関連用品や食事代などは当然猫の数が多ければ多いほど高くなります。ずっと死を迎えるまでこれは変わらないことなので、長期的な目で見て判断することが大切です。現段階で、猫の費用に悪戦苦闘している場合は多頭飼いするべきではありません。途中で飼えなくなって手放すというのは飼い主として絶対にやってはいけない行為です。またエサ代がもったいないからと言って人間の食事を与えるのは絶対にやめましょう。


・環境の問題

多頭飼いして猫同士が遊ぶようになると、家の中がボロボロになるかもしれません。気分が上がった猫は壁を引っ掻いたり、ソファを噛むなどやりたい放題です。綺麗な環境で住みたいと考えている場合は、多頭飼いを再考した方が良さそうです。そして、マンションなどに住んでいる場合は猫同士がドタバタ走り回ることで下の階に響く可能性があります。猫は高いところが好きで、その高いところから思い切り床に下りるとかなりの衝撃が下の階に伝わってしまいます。時には猫同士が大声で鳴くなどして、騒音トラブルになれば肩身が狭くなります。

★あまり深刻にならないで!

何日も遊べないという状況であれば考えものですが、一日や二日程度であればそれほど深刻になる必要はありません。おもちゃさえあれば、猫は勝手に遊ぶからです。猫も、ある程度置かれた状況を理解して、それに見合った行動をとります。

以上のように、多頭飼いをする際は様々な注意点があるので、それらをよく確認してから決断するようにしたいです。あくまでも飼い主ではなく猫を第一に考えることが大切で、猫に余計なストレスを与えないように

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。