おっとり猫に癒されたい、どの子がいい?おっとり性格の猫達をご紹介!

語源の一説に「寝子」という名称もあるくらいなので、寝てばかりいる・大人しい、そしてマイペースというイメージから、活発で快活な犬より飼いやすいとお思いの方も多い、猫。犬と比べて散歩の必要もないし、と思いがちですが、猫の性格は種類によってもさまざま、もっと言えば個体によってもさまざまです。当然、マイペースで寝てばかりいる種類もあれば、好奇心旺盛ではしゃぎ回る種類だってあります。ここでは、おっとりとした性格の猫に焦点をあてて、飼いやすい種類をご紹介していきます。 

★短毛種より長毛種

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、毛の長さから見ていきましょう。猫の品種は毛の長さで短毛種と長毛種に分類されます。この2種のうち、短毛種は活発で、長毛種は大人しく穏やかな性格の猫種であることが多いとされています。一説では、野生に近い短毛種はその血が残っているため活発に、人の手が加えられている長毛種は野生の血が薄れ、大人しくなっているとの学説もあります。
ちなみに、短毛種はブラッシングやシャンプーの手間もかかりませんが、長毛種は毎日ケアしてあげる必要があります。毎日お手入れを楽しみつつ、猫ちゃんと交流したいという方にはうってつけでしょう。 

★子猫よりも6か月以上の子 

もし、おっとりした猫ちゃんとマイペースに暮らしたいなら、子猫は禁物です。6ヶ月までは、それはもう好奇心の塊で、あちこちへ飛び回ったりひっきりなしに動き回ったります。飼い主さんも、膝や手が傷だらけになってしまいます。ワンちゃんと違って、子犬から育てなければしつけが大変、というわけでもありません。かわいいからといって、軽い気持ちで子猫から飼うと大変な目に遭うので要注意。(その分、あまりある程の愛らしさがあるのですが…。)
6ヶ月以上になると、ある程度性格に落ち着きが出てきて、大人しくなっています。遊びたい欲求も子猫ほどではなくなっているのもポイント。また、子猫は非常に体調が不安定ですが、大人の猫(成猫)になると体調が安定していて、初心者の方でも安心して飼うことができますよ。(子猫の頃は、24時間体制で近所で開いている動物病院がないと不安です。

★メスのほうが大人しい 

また、性別による違いもあります。オス猫の方が活発で、元気で甘えん坊の個体が比較的多いです。メス猫の方が落ち着いていて、扱いやすい猫が多いとされています。ただし、当然ながら個体による差も大きいので、飼ってみての判断になるところも注意しておかなければなりません。
オスが活発的な理由としては、頻繁に狩りを行っていた野生動物であった名残とされています。  

★おっとり性格の猫達

(1)ラグドール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

英語で「ぬいぐるみ」という意味を持つラグドール。ふわふわとした長い毛に青い瞳が印象的な猫です。大らかで人なつっこい性格であり、抱っこをしても嫌がらず、本当のぬいぐるみのようにじっとしています。他の猫にはない珍しい特徴で、猫とスキンシップを取りたい方にピッタリ。小さなお子さんに触られても、根気強く接してあげられる大らかさ、優しさを持ち合わせています。他の動物たちとも上手に暮らすことができるため、多頭飼いのご家庭にも向く猫種です。 

(2)メインクーン

Maine coon cat, sitting and facing, isolated on white

猫の中でも最大級の大きさである猫種、メインクーン。「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持つとおり、穏やかで賢く、そして遊び好きな性格です。穏和な性格で優しく、よく人になつきます。学習能力が高く、飼い主に忠実であるため、しつけもしやすく飼いやすい猫と言えるでしょう。ただ、成猫になると、平均的に全長100cm(1m)、6kg前後となるため注意。 

(3)ブリティッシュ・ショートヘア  

British Shorthair cat lying and looking on white background,isolated

丸みを帯びた顔立ちのわりに、意外と筋肉があってたくましい身体を持つ猫、ブリティッシュ・ショートヘア。本来、農業で弊害となるネズミや害虫を排除するためにイギリスで改良を繰り返された種であり、また短毛種らしく運動好きな性格の個体が多いです。しかし、そんな活発的な面と相反して性格は穏やかで優しく、賢いという特徴を持っていて、飼い主の言うこともよく聞いてくれます。 

(4)スコティッシュフォールド  

lop-eared scottish cat . isolated on white background

「フォールド(折れる)」という名の通り、耳がペタンと折れ曲がった愛らしい猫種です。日本での人気も高く、「好き!」と言う方も多い印象です。丸っこい外見とマッチして、とても優しく人なつっこい性格の個体が多く、飼い主や家族だけでなく見知らぬ人にまで寄っていきます。鳴き声も小さく、初めて猫を飼う方にも飼いやすいためおすすめの猫です。 

(5)ペルシャ 

Persian cat sits in front of white background

美しく長い毛が特徴的な高貴な猫、ペルシャ。性格は大らかで穏やかです。活発的にすごすよりも、ゴロゴロのんびりとしていたい、という猫種。わがままを言わず、大きな声で鳴くこともありませんが、あまり構われ過ぎるとストレスを溜めてしまうこともあるため注意。また、長く美しい毛を保つために、毎日のお手入れ・コーミングも欠かせません。 

まとめ

いかがでしたか?穏やかな、おっとりさんを飼うためには、性別や毛の長さ、年齢はもちろんのこと、猫種によるものが大きいので、その点を踏まえた上で猫ちゃんを選びましょう。当然ながら個体差もあるので、必ず一度会ってみてから飼うようにしましょう。良いパートナーと巡りあえることを祈っています!

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。