猫の食事でみんなが知りたい事5つ!どんな食事が理想的?残すのは何故?

猫ちゃんを飼っている方、または猫ちゃんを飼い始めようとしている方、猫ちゃんの食事について悩んでいる事はありませんか?
猫ちゃんはとてもデリケートな性格のため、食事を与える際にはしっかりとした配慮をしてあげなければなりません。
そんな愛猫家の皆様のために、猫ちゃんの食事についてのノウハウをいくつかご紹介していきたいと思います。
猫ちゃんと素敵な生活を過ごすためにも、ぜひご参照ください。 

★猫にとっての理想的な食事とは

猫は、自分にとって必要な栄養素を生まれながらに知っています。 そのため多くの猫ちゃんは、人間から与えられた食事においても全てを食べるわけではなく、本能的に自分が必要とする栄養摂取量を頭の中で計算し、カロリーを調整しながら食べることを習慣としています。
各メーカーが販売しているキャットフードは、このような本能的な猫の習慣を、十分に研究して開発した総合栄養食です。
病気で食事制限がある場合には手作りのフードがおすすめの場合もありますが、基本的には質の良いキャットフードが、飼い猫にとって一番理想的な食事といえます。 

★一日に何回あげればいいの?

猫ちゃんの体格や年齢によって差はありますが、一般的に1日に大人の猫が必要なエネルギー摂取量は、体重1kgに対して約80kcal程度といわれています。
このエネルギー摂取量を、基本的には1日2回に分けて食べさせるのが理想と言われています。
1日1食では空腹の時間が長くなってしまうため、急いで食べてしまい吐いてしまうケースがあります。また2回に分ける場合も、食事の間隔が長くなってしまうと、脂肪を溜め込みやすい身体になってしまい、最終的には肥満になってしまう恐れがあります。 

★時間帯はいつがいいの?

朝と夜の2回に分けて食べさせてあげるのが、1日の時間のバランス的にも良いとされています。
また1回の食事のバランスを均等よく分けるならば、朝昼晩の3回に分けて食べさせたとしても、特に大きな問題はないと言えるでしょう。
猫ちゃんは、本能的に習慣化を好みますので、人間の都合のよい時間帯にあげることは、なるべく避けるようにしてください。
猫ちゃんの健康のためにも、決まった時間に決まった量を上げることを、習慣化させることが大切です。  

★猫が食事を残す!原因は?

猫ちゃんが食事を残していたらどこか体調が悪いのかと気になってしまいますよね。 猫ちゃんが食事を残す理由は大きく3つに分けられます。
1つ目は、野生時代の習性が本能的にまだ残ってしまっている場合です。野生の時はいつでも食事ができる環境にいなかったため、少しずつ食べて何かあった時のために残しておくという習性が今でも抜け切っていないのです。
2つ目は、いつもより美味しいものを食べてしまった場合です。これは、より美味しい食事をおねだりしているポーズなので、気を付けなければなりません。
3つ目は餌やお皿が変わった場合です。猫ちゃんは非常にデリケートな生き物なので、環境が変わってしまうと、食欲がなくなってしまうことがあります。
まずは、この3つのケースを頭に入れ、猫ちゃんをしっかりと観察してみてください。 

★キャットフードを置いたままにするのがよくない理由について

キャットフードを置いたままにするのが良くないとされる1番の理由は、猫ちゃんが時間帯に関係なくだらだらと食事することによって、尿がアルカリ化してしまい尿結石や膀胱炎になってしまう恐れがあるからです。
また、空気に触れる時間が長く、どんどん酸化してしまうキャットフードを食べることは、猫ちゃんの身体にとても有害ですので、長時間放置することは、極力避けなければなりません。  

★【番外編】猫が欲しがるオヤツって?

猫ちゃんによって好みの違いはありますが、添加物をさけたソフトタイプの鰹節は、多くの猫ちゃんが飛びついて喜ぶ
大好物なおやつです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
猫ちゃんの健康を願うのならば、食事も慎重に与えてあげなければなりません。
栄養のある食事をバランスよくあげることを心がけて、猫ちゃんの健康を守っていきましょう。

『PETPET LIFE(ペットペットライフ)』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方から

 

しつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。